1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の皮膚病のことを皮膚のスペシャリストの獣医師に聞きました!

猫の皮膚病のことを皮膚のスペシャリストの獣医師に聞きました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外で暮らしていた猫を家に迎えて、すぐに皮膚病になり、大変な思いをした飼い主さんは少なくありません。一度発症すると完治が難しい病気もあるので、早期発見のためにも皮膚の病気やトラブルについて、くわしく知っておきましょう。

皮膚病にかかりやすいのは、飼い始めの猫や子猫

皮膚病は猫から猫へと感染していくものがあります。また、外で暮らしていたノラ猫は、ノミなどが寄生している可能性が大。そのため、猫を保護して家に迎えたときに、すでに皮膚病にかかっているケースもあります。また、成猫に比べて子猫は皮膚が薄く、体の機能が完全ではありません。母猫が皮膚病の原因となる菌をもっていると、子猫にも感染しているでしょう。

飼い始めの猫にもっとも多い「皮膚糸状菌症」(猫カビ)

カビの一種である皮膚糸状菌、通称・猫カビが毛や皮膚に増殖して発症。猫にかゆみはないため、毛が束になって抜けて、脱毛した時点で飼い主さんが気付くことが多いでしょう。悪化すると脱毛した皮膚に、かさぶたや赤いブツブツが見られることもあります。治療には、猫カビの菌の増殖を阻害する、抗真菌薬の飲み薬を与えます。場合によっては塗り薬の処方もあるでしょう。感染源は、猫カビの菌をもっている猫と接触すること。また、人が外で猫を触って猫カビの菌を家にもち込み、愛猫が感染することもあるので、手洗いを徹底しましょう。

どの猫も突然発症する可能性がある「アレルギー」

食べ物に含まれる成分に反応する「食物アレルギー」

おもに肉・魚などのたんぱく質、米・小麦などの炭水化物を、体が有害な異物とみなして起こります。繰り返し同じ成分をとるうちに、突然症状が出ることも。猫は強いかゆみを感じ、発疹や脱毛が多く見られます。治療は食べても症状の出ない療法食を与えます。食物アレルギーは体質なので予防は難しいもの。初期症状で気付くことが重要なので、皮膚に異変が見られたら早めに動物病院へ。

ノミの唾液に反応し、背中が脱毛する「ノミアレルギー」

ノミは猫の体表に寄生します。ノミが吸血するときに唾液を注入するため、それに対するアレルギー反応によって起こります。症状が見られるのはおもに背中です。激しいかゆみのほか、脱毛やかさぶた、赤く盛り上がったしこりのようなものができることもあります。治療はまずはノミの駆除剤を投与。皮膚のかゆみが強そうなときはステロイド剤で症状を抑えることもあります。予防はノミに寄生されないよう、定期的にノミの駆除剤を投薬しましょう。

アレルゲンを吸い込むことで発症する「アトピー性皮膚炎」

ホコリ、ダニ、花粉などのアレルゲンを吸い込んだり、皮膚に付着することで発症します。皮膚のかゆみと、赤みがおもな症状。かゆみが出るのは、顔、足、内股、脇の下、下腹部など。治療は、ステロイド剤などでかゆみを抑えるのが一般的です。アレルゲンを特定することは難しく、生涯にわたって治療が必要なことが多いのが現状。部屋をこまめに掃除して、猫の寝床なども丸洗いし、室内のアレルゲンを減らすことが予防につながるでしょう。

臆病で恐がりの猫は注意が必要な「心因性皮膚疾患」

猫は環境の変化が苦手なので、生活環境が変わるとストレスを感じやすいもの。その際、自分の体をなめることで不安を和らげようとします。結果、体の一部が脱毛するほどなめ続けたり、毛を噛み切っていたら、心因性皮膚疾患でしょう。その場合、実際は猫にかゆみはありませんが、ほかの病気の可能性もあるので、まずは動物病院で受診を。心因性皮膚疾患の対策としては、猫にストレスを感じさせない生活の工夫をすることです。ストレスの原因として多いのは、新しい猫を迎えた、引っ越しをした、など。新しい猫に慣れるまで別々の部屋で過ごさせる、引っ越し後は猫のニオイの付いた猫ベッドなどを引き続き使用する、などしましょう。

その他の皮膚病に「蚊刺過敏症」「形質細胞性足皮膚炎」「扁平上皮癌」

耳などを蚊に刺されて発疹ができる「蚊刺過敏症」

蚊に刺されてアレルギー反応が起こると、刺された箇所にかゆみが出て、赤いブツブツができます。おもに耳や鼻の周辺に症状が出るのが特徴です。ステロイド剤などを使用して治療します。

肉球が腫れる原因不明の「形質細胞性足皮膚炎」

肉球の一部が大きく腫れる病気。進行すると潰瘍ができ、痛みが生じます。治療は副腎皮質ホルモン剤の投与などを行いますが、自然治癒するケースもあります。

猫に多い皮膚がんの代表、「扁平上皮癌」

おもに耳や顔に腫瘍ができます。腫瘍部分やその周辺を、手術で切除して治療します。手術が難しい場合は、放射線を照射し、がん細胞を小さくします。

出典:『ねこきもち』2016年4月号「皮膚の病気&トラブル」

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る