1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 美しい豹柄はまるでワイルドキャット!オシキャットってどんな猫?

美しい豹柄はまるでワイルドキャット!オシキャットってどんな猫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワイルドキャットに憧れる愛猫家は少なくありませんが、残念ながら実際に飼うことはできません。そこで人気なのが、ワイルドキャットのように美しい斑点を持つ「オシキャット」です。今回は、オシキャットの歴史や外見、性格の特徴などについてご紹介します。

オシキャットの特徴・魅力

オシキャットは、アメリカ原産、短毛種の猫。野生時代の名残も感じる見た目も印象的で、まるで小さなヒョウを飼っているような気にさせてくれるでしょう。そんな外見にも関わらず、甘えん坊な一面を垣間見せてくれることも。そのギャップ萌えもあってか、愛猫家たちからも多くの支持を集めています。また、とても社交的な猫種なので、他の人や動物とのトラブルも起きにくい傾向にあります。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

オシキャットの歴史

オセロットやマーゲイ、レオパード、ベンガルなど、美しい斑点模様を持つ「ワイルドキャット」は、多くの愛猫家にとって憧れの的です。しかしながら、ペットとして飼うことはできません。そこで、美しい斑点を持つワイルドキャットの魅力を追求し、人工的に作出されたのがオシキャットです。

1964年、アメリカミシガン州に住む「ヴァージニア・デリー」が、アビシニアン・カラーのサイアミーズを作出しようと試み、アビシニアンとサイアミーズを交配した際に、斑点模様のオスが1匹だけ生まれました。このオスは「トンガ」と名付けられ、去勢をしてペットとして譲られます。しかし、新聞社がトンガのことを「美しい斑点のある猫」と報じたことで、トンガは多くの人々に知られることとなります。この出来事がきっかけとなって、デリーの繁殖プログラムを基に、斑点模様を持った猫の繁殖がスタートしました。

繁殖には、アビシニアンとサイアミーズに加え、アメリカン・ショートへアも用いられました。当初は体型を改良する目的でしたが、アメリカン・ショートへアの配合によって、シルバーの毛色を得ることにも成功しました。こうして作出された猫は、ワイルドキャットの「オセロット」にイメージが似ていたことから、「オシキャット」と名付けられ、1987年にはCFAに正式な猫種として公認されました。日本でも熱心なブリーダーによって繁殖され、人気の猫種のひとつになっています。キャットショーでは、グレードの高い猫を見ることもできます。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

オシキャットの外見上の特徴

オシキャットの外見といえば、なんといってもその美しい斑点です。大きな斑点の形は、拇印(ぼいん)に似ており、斑点全体をよく見ると、渦巻き状の「クラシック・タビー」を描いていることが分かります。もしも、斑点模様全体を見た時に、他の配色が入ったパッチド・タビーだった場合は、オシキャットではありません。オシキャットはオレンヂ遺伝子(o遺伝子)がないからです。

また、毛の色は12種類あり「チョコレート・スポッテッド」「シルバースポッテッド」「シナモン・シルバー・スポッテッド」「ラベンダースポッテッド」など、とてもバラエティに富んでいます。目・鼻孔・顎・のどには白い毛が生えていますが、それ以外の部分には白い毛がないのも特徴です。

頭部は丸みのあるくさび形をしています。目は大きなアーモンド形で、毛の色同様、バラエティに富み、ブルー以外の全ての目色が認められています。耳も大きく、眉間の間を中心とすると、耳の先までが45度に開いています。体型はサブスタンシャルで、大型に分類されます。筋肉が発達しているので、抱っこしてみると見た目よりも重たく感じるでしょう。胴体は長くがっちりしています。また、胸幅が広いことも特徴です。まっすぐな尻尾の長さや太さは体に釣りあっており、足の長さは中程です。全体的に力強い印象をしています。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

オシキャットの性格

オシキャットの表情は、アメリカライオン(ピューマ)に似ていると言われることがあります。また、光沢のある斑点模様は、まるでワイルドキャットのよう。そのため、オシキャットの性格もワイルドだと思われるかもしれませんが、実際には違います。

オシキャットは、ワイルドな外見とは正反対に、とても優しい性格をしています。そして、人と接するのも大好き。飼い主さんとも、きっと良好な関係を築いてくれるでしょう。そんな社交性のある性格ですので、他の猫や動物達ともうまく折り合って暮らすことができます。

犬のような性格をしていると言われることも多く、しつけがしやすかったり、リードとハーネスを使っての散歩が可能だったりと、個体差はあるものの、犬のような飼い方をすることもできます。また、お手入れも比較的簡単ですので、一緒に暮らしやすい種と言えるかもしれませんね。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

オシキャットが気を付けたい病気・寿命

先述した通り、オシキャットはアメリカンショートヘアなどのハイブリッド種ですので、それぞれの遺伝性疾患を引き継いてしまっている可能性があります。しかし、オシキャットのみに見られるような疾患は、少ないと言われています。ただし、歯肉炎になりやすい傾向にあるため、日々の歯磨きを欠かさず、口内環境のチェックも定期的に行ってあげてください。

オシキャットは繊細な一面も持ち合わせているため、ストレスなどが原因で、脱毛などの症状が顕在化することもあります。優しい性格だからといって、生活環境の整備や適度なスキンシップなど、日頃のケアを怠らないように気をつける必要があります。なお、オシキャットの平均寿命は14歳前後と言われています。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

監修  高野八重子先生

CFAオールブリード国際審査員。

サンフラワーキャットクラブセクレタリー、
ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。
著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。

ヤマザキ動物専門学校

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る