1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【話し上手な猫】バーミーズってどんな猫?発祥の歴史や特徴まで

【話し上手な猫】バーミーズってどんな猫?発祥の歴史や特徴まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「バーミーズ」は、その社交性の高さから、「話し上手な猫」とも言われています。可愛い容姿と、がっちりした体つきのギャップもたまりません。今回は、そんなバーミーズの発祥の歴史から外見の特徴、性格などをご紹介します。

バーミーズの歴史

「バーミーズ」の発祥は、1930年代とされています。原産国はイギリスですが、バーミーズの先祖は、ミャンマー(旧ビルマ)の土着猫だったようで、タイのアユタヤ王朝時代(1350年~1767年)の書物、「キャット・ブック・ポエム」にも登場するほど古い歴史を持っています。

1930年、アメリカのサンフランシスコに住むトンプソン博士が、ビルマのラグーン(現ミャンマーの首都・ヤンゴン)から茶色のメス猫を輸入し、『ウォン・マウ』と名付けました。そのウォン・マウと交配したのが、タイの王宮で愛され、短毛猫のプリンスともいわれるサイアミーズ(シャム猫)という種類の猫です。

このサイアミーズは、シール・ポイントという黒褐色のポイントカラーを持っており、『トム』と呼ばれていました。トムとウォン・マウの間に生まれたのが、「ポイントカラーのサイアミーズ」「母猫ウォン・マウによく似た濃い茶色に濃いポイントカラーを持つ猫」「全身が濃い茶色の猫」という3匹の子猫です。これらの猫を母猫に戻して交配し、サイアミーズやアメリカン・ショートヘアなども関わって、タイプが改良されていきました。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

バーミーズが正式に公認されるまで

1936年には、各種血統猫の健康促進などを最大の目的とした、世界最大の愛猫非営利団体CFA(THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC)に公認されます。しかし、バーミーズからサイアミーズによく似たポイントカラーの猫が生まれることに、サイアミーズのブリーダーたちからクレームが殺到してしまいます。その結果、1947年に一時的に公認をストップし、「血統の3代祖までバーミーズのみ」という登録条件を加えることが検討されました。

1956年にはこの条件が満たされ、バーミーズは再度公認されることになります。当初はセーブル(濃い褐色)という毛色の猫だけがバーミーズとされ、淡い毛色であるダイリュート(ブルー、プラチナ、シャンパン)は「マラヤン」と呼ばれ区別されていましたが、現在ではバーミーズのダイリュート部門として統一されています。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

バーミーズの外見上の特徴

バーミーズの魅力といえば、ツヤツヤとした美しい被毛と、小さな体でありながら筋肉質な、がっちりとした身体です。あごは力強く、しっかりとした噛み合わせができます。頭や顔は丸く、どの方向から見ても平らな部分が無いほどです。耳の大きさは中くらいで、こちらも先端は丸くなっています。大きくて丸い目が少し離れた位置にあり、鼻にははっきりしたブレイクがあるのもチャームポイントですね。

身体は小柄ですが、肩や胴体、背中の部分が発達しているため、筋肉質な身体つきをしています。バーミーズの体重は、一般的には3kg~5kg。胸も広く丸みを帯びていて、四肢は体とのバランスが取れた長さと太さです。しっぽは中くらいの長さで、こちらも四肢同様に体調と釣り合う長さです。

被毛は短く絹のような光沢があり、身体にピタリと張り付いています。撫でると非常に滑らかな質感です。瞳の色は、イエローからゴールド。気品のある被毛にマッチした瞳には、吸い込まれそうな魅力があります。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

バーミーズの性格

バーミーズの性格は、とても楽天的。社交性にも優れています。そのため、「話し上手な猫」ともいわれるほど。飼い主さんの優しい声掛けに、「ニャー」と可愛く返事してくれるようなことも多いでしょう。また、筋肉質な身体なので元気いっぱいに遊びます。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

バーミーズの毛色と種類

バーミーズの毛色は、セーブル(濃い褐色)、シャンパン(はちみつ色のベージュ)、ブルー(やや明るめのフォーン(淡黄褐色)がかった色合いのブルー)、プラチナ(やや明るめのフォーン(淡黄褐色)がかった色合いのシルバーグレー)の4色です。どの毛色も光沢があり滑らかで、ゴージャスな印象を与えます。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「ヨーロピアンバーミーズ」との違いは?

1948年、アメリカからイギリスに渡ったバーミーズは、小柄で丸い筋肉質なタイプから、すらりとした東洋的な体系へと変化していきます。その後、たくさんの猫と交配されて、ヨーロッパオリジナルの猫種として「ヨーロピアンバーミーズ」が誕生しました。

ヨーロピアンバーミーズは、毛色がカラフル。ややすらりとした体型とのバランスがとれた、長くほっそりとした四肢をしています。瞳はイエローからアンバー。被毛はバーミーズ同様に短毛で、身体にぴたりと張り付き光沢があります。ヨーロピアンバーミーズも活発な性格で遊ぶことが大好き。そして、とても賢い猫といわれています。

飼い主さん大好き猫、バーミーズ

自宅でくつろぐバーミーズの様子をちょっとだけ覗いてみましょう!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

飼い主さんの脚にまたがりくつろいでいるのは、ミーくん(2歳)です。暖かくて、この場所が大好きなのだそう。きっと、とても安心できるのでしょうね。飼い主さんの足で暖を取りながら、ヒーターの前もちゃっかり陣取る賢さです。丸っとしたおしりとがっちりした後ろ足がなんともキュート。一日中一緒に居たくなってしまいますね。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

こちらは、大胆に大あくび中のうめちゃん0歳。このまま飼い主さんのお布団で眠るのでしょうか。ふかふかな場所で気持ちが良さそうで、いい夢が見られそうですね。足先と耳の濃いブラウンが素敵です。あくび中じゃないお顔もきっと美人さんなのでしょう。普段のお顔もぜひ見せてほしいですね。

「話し上手」といわれるほど、社交的で懐きやすいバーミーズ。日ごろからよくスキンシップを取るようにすれば、安心して寄り添ってくれるようになるでしょう。がっちりした体に甘えん坊の性格とのギャップが、何とも言えず可愛いですね。

※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

監修  高野八重子先生

CFAオールブリード国際審査員。

サンフラワーキャットクラブセクレタリー、
ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。
著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。

ヤマザキ動物専門学校

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る