1. トップ
  2. 猫が好き
  3. すべて受け止めてあげたい!「母猫への愛」が溢れた猫の行動5選

すべて受け止めてあげたい!「母猫への愛」が溢れた猫の行動5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は単独で行動する動物。ですが、子猫の場合、母猫に心を許し、特別にする行動もあるそう。今回はそうした「母猫愛が溢れる猫の行動」を厳選してご紹介します。
ふだん飼い主さんにお世話をしてもらい、子猫気分でいることが多い飼い猫の場合、成猫でもすることがあるようですよ。ぜひ注目してみて❤

1.体にのってくる

野生の猫は単独で行動する動物なので、ほかの猫と体をくっ付け合うことは基本的にありません。しかし、子猫のときは別。母猫とはくっ付いて甘えたりしていたそうです。飼い主さんの体にのるのも同様の理由とか。「母猫愛」の名残といえるでしょう。

2.スキンシップ中、のどを鳴らす

ほかの猫と体をくっ付け合うことはしないので、スキンシップはむしろ苦手なものといえます。しかし、野生の子猫は、母猫に毛づくろいをしてもらうときだけゴロゴロのどを鳴らします。飼い猫が飼い主さんに触れられてのどを鳴らすのもその名残のよう。大好きな相手にやさしく触れてもらい、とても幸せでしょう。

3.呼ぶとお返事をする

猫は自分の居場所が敵にバレないよう、自身の気配を消すことに徹します。しかし、子猫は、母猫に捜されているとき、「ここにいるよ!」と伝えるために鳴いてお返事をします。飼い猫も飼い主さんから名前を呼ばれたときに鳴くことがあります。これも大好きな母猫から呼ばれているときのように幸せな心地でいるようです。それを知ると、猫のお返事がより愛おしくなりますね。

4.かまってほしがる

猫は基本的に単独で狩りに出るので、ほかの猫にかまってほしいという欲求はありません。ですが、子猫時代は猫飼いのルールを学ぶ一環で母猫やきょうだい猫にじゃれることもあるようです。飼い猫でも1匹で飼われていて留守番が多いときなどにとくによく見られる行動。1匹でいる時間が長くて暇を持て余し、刺激を求めていたり、あるいは、寂しいと感じていたりするのかもしれません。そんなときは、もちろん無理のない範囲で相手をしてあげるのがいいでしょう。


子猫からの「母猫愛」を紹介してきましたが、猫の行動の中には母猫から子猫への愛溢れる行動もあるそう。そんな行動を最後に一つご紹介します。

5.<番外編>おもちゃをくわえて持ってくる

もともと野生の世界では狩りに出た母猫が子猫に獲物を持ち帰り、狩りを学ばせていました。飼い猫は、獲物の代わりにおもちゃをくわえて持ってくることがあるでしょう。ときには本当に獲物を持ってくる場合もあるかもしれません(苦笑)。これは、飼い主さんを子猫のように感じて、「はいどうぞ!」というような気持ちになっていると考えられるそうです。


いかがでしたでしょうか。どれもキュンとしますよね❤ これらの行動を見かけたときは、猫の気持ちをちょっとだけ想像してみるとより愛おしくなりますよ。

出典/「ねこのきもち」2018年5月号『飼い猫の真実』
文/Margot
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る