1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 食事の異常、症状
  4. 愛猫が10歳になり、水を飲む量が増えました。何かの病気でしょうか。

Q&A病気・健康

UP DATE

愛猫が10歳になり、水を飲む量が増えました。何かの病気でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫が10歳になり、水を飲む量が増えました。何かの病気でしょうか。

病気がある場合は、水を飲む量が増えるのと同時に排尿量が増えることが多く、この状態を多飲多尿といいます。多飲多尿は、慢性腎不全、糖尿病、子宮蓄膿症などさまざまな病気の初期症状として現れます。

その日の気温や運動量、食事内容によって水の飲む量は変わりますが、1日の飲水量が猫の体重1kgあたり100mlを超えると、病気を疑います。尿の量は、家で確認するのが難しいと思いますが、1日に猫の体重1kgあたり50mlを超えると、病気を疑います。しかし、これは、あくまでも目安です。ご相談者様の愛猫は10歳という高齢です。腎不全をはじめ、多くの病気にかかりやすい年齢になっていますので、少しでも「おかしいな」と感じたら、動物病院の診察を受けてくださいね。

…|♀|10歳5カ月

監修/ねこのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&A病気・健康

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「食事の異常、症状」の新着記事

新着記事をもっと見る