1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 骨・関節
  4. 膝蓋骨脱臼と言われました。手術すべきでしょうか。

Q&A病気・健康

UP DATE

膝蓋骨脱臼と言われました。手術すべきでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝蓋骨脱臼と言われました。手術すべきでしょうか。

膝蓋骨脱臼は、脱臼の程度と猫の体格を考えて、手術するかしないかを判断します。膝蓋骨は、膝の中央に位置し、脚を曲げたり伸ばしたりするときに筋肉に引っ張られて上下に動きます。横からの力が膝蓋骨に加わったときに、中央から内側または外側に外れてしまうのが膝蓋骨脱臼です。通常、手などで力を加えて脱臼させても、力を解除すると正常な位置に戻る程度では手術はしません。力を加えて脱臼させると、手で押し戻すか関節を伸ばすまで戻らない、または一度脱臼すると容易には正常な位置に戻らず、びっこや常に脚をあげているような場合は手術を考えます。

猫が太っている場合は手術の前に体重の減量を考えます。減量によって膝にかかる負担が少なくなると、脱臼の程度が軽減がされることがあります。

アメショ|♀|3歳10カ月

監修/ねこのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&A病気・健康

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「アメリカンショートヘア」の新着記事

新着記事をもっと見る