1. トップ
  2. 猫が好き
  3. エンタメ
  4. トレンド
  5. 愛猫が「現代アート」に!? 猫飼いさんをときめかせる「CAT ART」の人気の秘密に迫る

猫が好き

UP DATE

愛猫が「現代アート」に!? 猫飼いさんをときめかせる「CAT ART」の人気の秘密に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋に何かアートを飾りたいと思ったとき、どんなものを選んだらよいか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。できれば愛着のあるものを飾って、いつまでも大切にしたいですよね。

「CAT ART」
インテリアに馴染むCAT ART
@cat_art_ryoko

今回紹介するのは、猫の飼い主さんが思わず飾りたくなってしまうような、世界でひとつだけのアート作品。こちらの作品、実は猫の柄がモチーフになっているのですが…わかりますか?

「CAT ART」
@cat_art_ryoko

この作品のモチーフとなっているのは、アメリカンカールのモンスンくん。茶トラと白のコントラストとピンクの愛らしい鼻が印象的なモンスンくんをアートとして表現すると、このような感じに!

「CAT ART」
@cat_art_ryoko

モンスンくんの飼い主さんはこのアートを見てモンスンくんを想起し、まったく知らない人が見たときには、また別の意味を持つ作品に見える——そんな二面性を持ったアート作品を手がけるInstagramユーザーの@cat_art_ryokoさんに、作品づくりのこだわりなどをお聞きしました。

愛猫2匹のパターンアートを思いついたことが始まり

「CAT ART」
@ryoko.kuu.ree

——猫ちゃんの特徴をとらえた「世界でひとつだけのアート」を制作するようになったのには、どのようなきっかけがあったのでしょうか?

@cat_art_ryokoさん:
「私は東京藝術大学のデザイン科出身で元々絵心があり、家に画材もある状態でしたが、しばらく絵は描いていませんでした。

でも、家を引っ越してからずっと『壁が寂しいから何か飾りたい』と思っていても、好きなアート作品が見つからず、部屋ががらんとしていたのが気になっていて。

真っ白な壁を見ていたある日、突然愛猫2匹のパターンアートを思いつき、本当に思い立って描いたのが最初です」

クーちゃん、リーちゃん
@ryoko.kuu.ree

——愛猫は元保護猫の仲良し兄妹・クーちゃんとリーちゃんですね。

@cat_art_ryokoさん:
「そうですね。描いた愛猫の絵を愛猫と共にInstagramでシェアしたところ、コメントが殺到したため、うちだけでなくいろんな猫さんを描いてみようと思うに至りました」

飼い主さんにだけ見せる愛猫の表情や動きのクセをアートに落とし込む

「CAT ART」
@cat_art_ryoko

——CAT ARTでは、それぞれの猫の個性を抽出して作品に落とし込んでいますよね。どのコにも個性があるということが、作品を見ても伝わります。

@cat_art_ryokoさん:
「猫さんの個性はさまざまなので、飼い主さんから事前にエピソードをお聞きしています。飼い主さんが作品を見て、『かわいいところ見つけてくれた!』と思っていただけるポイントを見つけるのが楽しい作業です」

「CAT ART」
@cat_art_ryoko

——作品制作はどのような工程で行われるのでしょうか?

@cat_art_ryokoさん:
「作品の進め方は…

  1. 最初に、猫さんのあるだけのお写真を送っていただきます。
  2. 猫さんとの出会いや、性格、飼い主さんとどういう風に暮らしているかをお聞きします。

そして、いただいたお写真とエピソードに想いを馳せながら、飼い主さんの思い入れのある柄を探していきます」

「CAT ART」
@cat_art_ryoko

@cat_art_ryokoさん:
「たとえば、『背中をさすって』といつも背中を見せてくるというエピソードから、いつも飼い主さんが見ている背中の模様をパターン化したり、兄弟でそっくりなんだけと少しだけ模様の違う顔つきだったら、2ついっぺんに進めながら顔の模様の違いを描き、2枚並べて飾っていただけるように描いたりします」

「CAT ART」
@cat_art_ryoko

——描く際のこだわりはなんでしょうか?

@cat_art_ryokoさん:
「できるだけ猫さんのチャームポイントを引き出すことです。猫を飼っていると、飼い主さんにだけ見せる猫の表情や動きのクセっていうのがあって、それをアートにしたいと思って描いてます。

『ああ、そう! ここがかわいいと思ってるところなの、うちの猫を分かってくれている!』と思ってもらえたら本望です」

——亡くなられた愛猫の作品を依頼する飼い主さんもいるようですね。

@cat_art_ryokoさん:
「そうですね。突然亡くなってしまった猫さんのご依頼をいただいたときは、甘えん坊だったとおっしゃっていたので、いつも撫でていたであろうお腹の柄を描きました。

すると、飼い主さんから『このポテっぷりがとてもぽさが出てる』といっていただけたのも嬉しかったです。


これしかない!という特徴的な模様の猫さんなら一発で描けることが多いですが、飼い主さんに本当に愛着を持っていただきたいので、何枚も描いて選んでいただくこともあります」

パッと見はパターンアート。でも実は、愛する猫を描いたものであるという裏ストーリーが

「CAT ART」
@cat_art_ryoko

——作品を見ると、飼い主さんが見れば愛猫の特徴を捉えたアートだとわかりますが、その猫のことを知らない人が見ると、猫について描かれているとは思わず純粋なアート作品として捉えると思います。そうした「知っている人と知らない人で作品の見え方が違う」という二面性がおもしろいですよね。

@cat_art_ryokoさん:
「まさに、CAT ARTはその二面性が肝だと思っています。私自身がそうであったように、日本人は絵を飾る文化がまだまだ薄く、飾りたい願望はあるものの何を買ったらよいかわからないといった方が多いのではないかと思います」

「CAT ART」
@cat_art_ryoko

@cat_art_ryokoさん:
「私もおしゃれといわれるアートを買ってみたものの、長くは愛着が持てずに、飽きたらメルカリ行き…なんてことを繰り返していました。

そのため、CAT ARTは愛着の持てるアートをテーマにしています。パッと見はパターンアートに見えて、実は愛する猫を描いたものであるという“裏ストーリー”が、猫好き&インテリア好きさんに刺さっています。

ペットのアートとなると、普通は似顔絵的なファンシーなものが多い中、お洒落なインテリアに馴染むパターン化することで、どなたでも受け入れやすいアートになっているかなと思います」

今後は、愛猫唯一の模様をパターン化したグッズなども展開予定

「CAT ART」
@cat_art_ryoko

——今後の展望について教えてください。

@cat_art_ryokoさん:
「今後もコツコツと愛のあるCAT ARTを描いていき、来年は個展もやりたいです。個展会場ではお写真を見せていただいて、その場で描いたり、もっと大きなサイズで描いたりもしてみたい!

あとは、パターン化したものをアートだけでなく、たとえばスマホケースや、モビールにしたり、カップやTシャツに展開したり。

愛猫唯一の模様をいろんな形で楽しんでいただけたら楽しいなぁと、日々妄想しています」

——今度の活動も楽しみにしています!

「CAT ART」
@cat_art_ryoko

CAT ARTは壁に飾ったり、愛猫と一緒に作品を写すペア写真を撮影したりなどして楽しんでいる飼い主さんが多いそう。

@cat_art_ryokoさんによれば、日本のマンションに合わせて小さなF7のキャンバスサイズで描いていることも、CAT ARTのこだわりなのだとか。ピンひとつで壁に飾れるのも、お手軽で嬉しいですよね。

最愛の愛猫の柄をパターン化したCAT ART。ぜひ、チェックしてみてください!

写真提供・取材協力/CAT ARTさん(@cat_art_ryoko
取材・文/凛香

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る