1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 猫なで声はウソ? 誤解されてきた猫の真実【ざんねんな猫の生態】

猫なで声はウソ? 誤解されてきた猫の真実【ざんねんな猫の生態】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫にだまされた? 「猫なで声」の真実

飼い主さんを呼んだり甘えたりする時に出す、猫ちゃんの高く柔らかい声。「もう〜、猫なで声なんて出しちゃって! かわいいな〜」と思っていませんか? 実はそれ、飼い主さんの勘違い! この声は、飼い主さんをはじめとする人間へ向けた鳴き声なのです。

では、本当の猫なで声とは? 猫が異性を惹きつけようとして出す声は、低く野太い奥行きのある声。特に発情期の時に、オスへアピールするメスの鳴き声は特徴的で、オットセイの鳴き声に似ているともいわれています。お世辞にも、決して「かわいいな〜」なんて思えない生々しくも迫力ある鳴き声が、いわゆる「猫なで声」なのです。

これまでの可愛い鳴き声が、猫なで声ではなかったという事実は、猫飼いさんにとってショックかもしれません。しかし、想像してみてください! 低く野太い声で熱烈に迫ってくる愛猫…。たとえ人間向けでも、今の高く可愛い鳴き声のままがいいと思いませんか?

臭いもののフタは開けちゃう! 「ニオイフェチな猫」の真実

猫ちゃんは、人の足を臭ったり、自分の股間のお手入れ後に、口を半開きにして「フガッ」って顔をしますね。それは、どうしてかご存じですか?

実は、猫のお尻や排泄物の臭いには、性フェロモンが含まれています。そのため、こういった「くっさ〜い」ニオイに猫は異性を感じて、自ら進んでかいでしまうのです。

猫の前歯の裏には、刺激の強いニオイを取り込む穴があります。そこで、「このニオイは何だ?」という分析をするため、かいだあとに口を半開きにして、何とも言えないマヌケだけど可愛らしい「フガッ」顔になるのです。

実はタヌキ寝入り? 猫の「睡眠時間」の真実

猫の語源は「寝る子」といわれるほど、寝てばかりの猫ちゃん。年齢にもよりますが、一説には、1日15時間以上寝ているともいわれています。

「ずっと寝てばかりで幸せそう。生まれ変わったら猫になりたい!」と言う猫飼いさんがいますが、実はそれ、大きな間違い。長い睡眠時間をとっているように見えて、そのほとんどがうたた寝(レム睡眠)状態なんです。

実は、警戒心が強く、長い時間ぐっすり寝られない猫ちゃん。深い眠りは、せいぜい1日3時間半程度だそうです。猫ちゃんが、ウニャウニャ寝言を言ったり、寝ながら足をバタバタさせている時がありますね? その時は、うたた寝中で夢を見ている時だそう。


[監修]今泉忠明先生
哺乳動物学者。「ねこの博物館」館長、日本動物科学研究所所長。
「おもしろい!進化のふしぎざんねんないきもの事典」「おもしろい!進化のふしぎ続ざんねんないきもの事典」(ともに高橋書店)など、著書多数。

出典/「ねこのきもち」2017年12月号『ざんねんな猫の生態』
イラスト/モリヤ リョウコ
文/ヤマモト トモミ

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る