1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 心の拠りどころを探してるかも!「ヤンキー系猫」をトリセツで攻略♡

心の拠りどころを探してるかも!「ヤンキー系猫」をトリセツで攻略♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見つめる猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

野性的で凶暴そうに見えることがある、ヤンキー系猫。でも、その行動とは裏腹に、ヤワな部分を抱えていることもあるのだそう!

この記事では、ヤンキー系猫の特徴と取扱説明書を紹介します。あなたの愛猫は、ヤンキー系猫でしょうか!?

ヤンキー系猫の4つの特徴

見つめるスコティッシュフォールド・ロングヘア
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

まず、ヤンキー系猫の特徴から見ていきましょう。以下の4つの行動に当てはまったら、ヤンキー系猫かも!

□1匹で走りまわっていることが多い
□同居猫や外猫とよく対峙する
□来客があると一目散に逃げる
□高所から人を見物している


野生的で凶暴そうに見えることもありますが、それは警戒心の裏返し。じつは、心の拠りどころを探しているのです。徹底して安心感を与える工夫をすることで、より人との絆が強まります。

次からは、ヤンキー系猫と上手に付き合うためのポイントを解説!

ヤンキー系猫のトリセツ1:手でフードを与えてみよう

見つめるペルシャ
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

ヤンキー系猫は、人への苦手意識が強いタイプのコが多いです。手からフードを与えると、猫は「この人のニオイがするときはいいことがある」と覚えて、徐々に気を許すようになるでしょう。

ヤンキー系猫のトリセツ2:休める場所をたくさん用意しよう

危険察知能力が高いのも、ヤンキー系猫の特徴のひとつ。落ち着ける場所を複数用意しておけば、気が休まる時間が増え、警戒心が緩むことも。

愛猫を観察して、居場所に猫ベッドを置いてあげましょう。

ヤンキー系猫のトリセツ3:高所にいるときは、そっとしておこう

警戒心が強いヤンキー系猫は、高所にいることが多いでしょう。部屋を見渡すことで状況を確認して安心できるので、邪魔をしないで見守ってあげましょう。

ヤンキー系猫のトリセツ4:キャリーケースに入る練習をしよう

キャリーケースの猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

ヤンキー系猫は“非常時”に敏感なので、いきなり捕まえようとすると逃げてしまうコが多いです。

いざというときのために、猫に触れずに誘導できる方法で、キャリーケースに慣れさせておくとベターですね。

【ヤンキー系猫の取扱上の注意】八つ当たりに注意して!

興奮しやすいこのタイプのヤンキー系猫は、ノラ猫と対面してしまったり、ビックリするような出来事があったりすると、興奮のあまり第三者を攻撃することがあります。これを、「転嫁性攻撃行動」といいます。

また、興奮は長いと1日以上続くことも! 猫が興奮しているときは、落ち着くまでそっとしておきましょうね。

寝転ぶ猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

ワイルドそうに見えるけれど、ガラスのハートを持っているヤンキー系猫。取扱説明書のポイントを押さえて、コミュニケーションをとってみてくださいね!

参考/「ねこのきもち」2017年7月号『愛猫は何系? 簡単チェックで接し方丸わかり
 性格別 ねこの取扱説明書<トリセツ>』
(監修:獣医行動診療科認定医 荒田明香先生)
文/Honoka
※参考文献をもとに、WEB用にまとめた記事です。
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る