1. トップ
  2. 猫が好き
  3. なにを伝えたいのかな?猫の気持ちはしっぽの動きでわかる!

猫が好き

UP DATE

なにを伝えたいのかな?猫の気持ちはしっぽの動きでわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンと立ったり、ボワッとふくらんだり、猫のしっぽは変幻自在。ユラユラ揺れる愛猫のしっぽをながめているだけで、不思議と癒やされますよね。実はしっぽの動きは、猫の気持ちの表れ。愛猫とのコミュニケーションに役立つしっぽのヒミツをご紹介します。

しっぽは何のためにある?

振り返るシャム猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

そもそも猫たちのしっぽは、何のためにあるのでしょう。猫の生活において、しっぽはとても機能的な役割を果たしています。

1. バランスをとるため

猫は高いところへ登ったり、狭いところを歩いたりするのが得意。このとき、しっぽを揺らしてバランスをとっています。これは、人が足元の不安定な場所で無意識に腕を広げるのと同じ働きです。

2. コミュニケーションのため

猫のしっぽに気持ちが表れるのは、人に対してだけではなく、猫同士でも同じ。自分の気持ちを知らせたり、相手の気持ちを知ったりするためにしっぽを使います。

3. 保温のため

ちょっと意外ですが、しっぽは保温にも役立ちます。寒い季節は、自分が吐いた温かい息を逃さないように、しっぽで鼻と口をふさぐことがあります。

いまどんな気持ち?しっぽでわかる猫のこと

三毛猫のしっぽ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫のしっぽは、どんな気持ちのときに、どういう動きをするのでしょう?

まっすぐピン!と立っているとき

「ここにいるよ!」「かまってほしいな~」というサインです。しっぽを立てて愛猫が近づいてくるときは、飼い主さんにゴキゲンな様子をアピールしたいときですよ♪

低い位置でブンブン動くとき

低い位置で左右にブンブンしっぽが動くのは、緊張・興奮しているか、イライラしているとき。なにかを捕まえようと、狙っているときの動きでもあります。

ゆったりユラユラ揺れるとき

ユ~ラユ~ラと揺れているときは、とてもリラックスしている状態です。いい気持ちで過ごしていることを飼い主さんにアピールしたいとき、よくしっぽを揺らすようです。

ボワッ!とふくらむとき

怖いとき、驚いたときは、反射的に毛が逆立ちます。これは、毛根の周囲にある筋肉が緊張によって収縮している状態。相手に自分を大きく見せる効果がある、とも言われています。

先だけパタパタ動くとき

伏せているときによく見られる「はいはい、聞こえてますよ」という返事の代わりのサインです。「ちょっと気になるけど、今は動きたくないな~」という気持ちの表れでもあります。

低く下げる/お腹の下に入れるとき

しっぽを低く下げたり、お腹の下に入れたりするのは、怖がっているとき。逃げたい、自分の気配を消したいという気持ちの表れで、後ろ足を曲げて姿勢を低くしていることが多いです。

愛猫とのコミュニケーションに役立てて♡

茶白猫のおしり
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫のしっぽと気持ちの関係についてご紹介しました。かまってほしいとき、ゴキゲンなとき、ちょっとイライラしているとき。猫たちは無意識にしっぽで自分の気持ちを表しているんですね。しっぽからのサインを覚えておけば、いまどんな気持ちなのか、なにを伝えたがっているのかがわかります。ぜひ愛猫とのコミュニケーションに役立ててくださいね♪

参考/「ねこのきもち」2018年7月号『いつまでも眺めていたいな 癒しっぽ』(監修:哺乳動物学者 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
文/momo
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る