1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 「猫の知能は人に例えると3歳児くらい」ってホント?

「猫の知能は人に例えると3歳児くらい」ってホント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の知能を人の年齢にたとえると、「3歳児くらい」と言われることが多いようです。

3歳児というと、ある程度言葉をあやつり、自己主張はしっかりとする…というのが一般的です。猫と3歳児の知能には、どのような共通点や違いがあるのか、専門家の先生に教えていただきました。

猫も3歳児も、お世話が不可欠!

エキゾチックショートヘアの一徹くん、いい表情です♪
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

飼い猫と人の子ども、哺乳類であること以外は全く別の生き物と言えますが、「お世話が不可欠」という点ではとても似ています。飼い猫は、飼い主さんが食事やトイレのお世話をしますし、3歳児は保護者がいろいろな面でフォローをしなければいけないので、生活環境は近いと言えそうです。

また、「おなかすいた!」「喉がかわいた!」といった生理現象のほか、「遊んで!」「かまって!」といった要求も、3歳児は言葉や身振り手振り、猫は鳴き声や態度などでアピールをしてきます。そういった面でも、3歳児と猫はよく似ていますね。

猫も3歳児も、学習して覚える!

ノルウェージャン・フォレストキャットのなるちゃん、猫じゃらしをキャッチ!
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

例えば猫の場合、
・トイレが上手くいったら飼い主さんにフードをもらえた
・飼い主さんに甘えたらなでてもらえた
など、「○○をするとイイことが起こる」と学習することで、イイことのため学んだことを生かそうとします。

逆に、
・飼い主さんに噛みついたら怒られた
・カーテンをビリビリにしたら怒られた
など、「○○をするとよくないことが起こる」と覚えると、その○○をしなくなることもありますね。

3歳児くらいの子どもも同じく、親にほめられたことやしかられたことを学習します。このような学びのプロセスも、人の子どもと猫は共通していると言えそうですね。

※子どもの学習は、3歳に限ったことではありません。

猫も3歳児も、鳴き声や態度で訴える!

マンチカンのこうめちゃん、おすましフェイス♡
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫と3歳児、要求の通し方は似ている部分とそうでもない部分があります。3つのポイントで比べてみましょう。

鳴き声と言葉

猫は人と違い、言葉を話すことはできません。しかしその代わりに、鳴き声を使って飼い主さんとコミュニケーションをとろうとします。状況によって声色を使い分け、飼い主さんに自分の要求を伝えようとしているのです。

3歳くらいの子どもは、語彙量が増えてくる時期。二語三語と単語を組み合わせ、さまざまな要求を言葉で伝えようとします。猫も子どもも、相手に自分の意思を伝えるために、「口から発せられる音」を駆使しているという点では同じですね。

イヤなことがあると…?

大きい音や怖いモノなど、イヤなことがあるときに猫はさっと逃げていき、身を隠します。対して3歳児は、泣きます。嫌なことや不満を泣いてアピールするのは、人の特徴と言えますね。

怒り

猫も3歳児も、ときとして怒ることがあります。猫はシャーと威嚇をしたり、猫パンチなどの攻撃を繰り出したりしてくることも。3歳児は2歳くらいの子と比べると、一般的に自己主張が弱まってくる時期ではありますが、それでも感情が高まって怒りが爆発し、大声で要求をぶつけてくることがあります。

猫と3歳児、同じような部分もあれば、そうでない部分もありますね。ただ、自分の要求をさまざまな手段で飼い主さんや親に伝えようとしたり、学習して次の行動に繋げようとしたりするのは、よく似ていると言っても良さそうです。もし身近に3歳くらいのお子さんがいるのなら、じっくり観察して比べてみるのも面白いかもしれませんね!

参考/「ねこのきもち」2018年9月号『イイこと、イヤなこと、そのとき猫は…「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?』(監修:上智大学総合人間科学部心理学科准教授 齋藤慈子先生)
文/higarina
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る