1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 部位から探す
  4. コロナウイルスとFIPについて教えてください。

Q&A病気・健康

UP DATE

コロナウイルスとFIPについて教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナウイルスとFIPについて教えてください。

FIPは病原性の極めて高いFIPV(猫伝染性腹膜炎ウイルス)の感染が原因で発症する病気です。この強毒なFIPVは病原性の低いFcoV(猫コロナウイルス)に感染した一部の猫の体内で、このウイルスが突然変異することにより発生します。この強毒のFIPVが発生する条件ははっきりわかっていませんが、猫免疫不全ウイルス(FIV)、猫白血病ウイルス(FeLV)の感染がある猫や、ストレスの多い集団飼育の猫にFIPの発症が多いことを考えると、免疫抑制を起こすウイルス感染や、集団内でのストレスが強く関与しているようです。FIPを発症すると発熱と食欲低下とともに、ウエットタイプとドライタイプという2つの特徴的な病態がみられます。ウエットタイプでは胸膜炎や腹膜炎が起こり、胸水や腹水の貯留がみられます。ドライタイプはお腹の中に大きなしこりができ、なかには脳内に炎症を起こして、麻痺や痙攣(けいれん)などの神経症状を引き起こしたりすることもあります。いずれも発症した猫は、症状を緩和するような治療しかなく、延命を図るしかないのが現状です。子猫の場合は特に厳しいです。

ペルシャ|♂|0歳4カ月

監修/ねこのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&A病気・健康

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「部位から探す」の新着記事

新着記事をもっと見る