1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 生態
  4. 鳴き声
  5. 猫は用途別に鳴き声を変えている!鳴き方でわかる猫のキモチ

猫が好き

UP DATE

猫は用途別に鳴き声を変えている!鳴き方でわかる猫のキモチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫はただ鳴いているわけではなく、声の大きさや長さ、高さを変えて、そのときの気持ちを伝えようとしています。愛猫の気持ちを理解するためにも、愛猫がどんなふうに鳴いているのか、耳を澄ませてみてはいかがでしょうか?

大きく長めに鳴いているときの気持ち

オスワリする彩葉
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

いつもより大きな声で長く鳴いているときは、猫がなにか主張したいときでしょう。鳴いても願いが叶わないときは、さらに大きく長く鳴いてアピールすることもあります。

また、「ミャー」や「ニャオーン」と高い声で鳴いていて、飼い主さんが近づくと鳴き止む場合は、かまってほしいときや甘えたい可能性も。反対に、「アウアウアー」や「アー」と低い声で鳴いているときは、不安を感じている可能性があります。

愛猫が大きな声で長く鳴いていると感じたときは、声の高さにも注目してみてください。

小さく短く鳴いているときの気持ち

外をみつめるくーた
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

小さく短い声で鳴く場合は、ちょっとした気持ちを伝えたい、軽くコミュニケーションをとりたいとき。

飼い主さんの前で「ニャッニャッ」と鳴いているときは、軽いお返事をしているか、かまってほしい気持ちのあらわれでしょう。また、離れた場所で飼い主さんを見つめながら鳴いている場合は、あいさつをしているとも考えられます。

なお、高いところから降りてきたときに「プニャ」などと小さく短めな声で鳴く猫もいますが、これは出しているのではなく、「出てしまった」ケースかもしれません。着地する瞬間に力が入ると、思わず声が出てしまう猫も少なくないようです。

いつもと違う?こんなときはどんな気持ち?

何かを要求するセナ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ライオンのように鳴く

動物病院など、猫が苦手とする場所に連れて行くとライオンのような大迫力で鳴く場合は、大嫌いな場所であることを伝えているのでしょう。このときの猫は、生命の危機を感じて叫んでいると考えられます。

ほかの猫を探しているときに鳴く

ほかの猫を探しているときに鳴いているのは、「ここにいるよ」と知らせているのかもしれません。
野生の子猫は、母猫やきょうだい猫を探すときに「ニャーニャー」と鳴いて自分の場所を知らせることがあります。飼い猫の場合でも、成猫になっても子猫気分が残っていると、野生時代の名残で鳴きながら探すことがあるようです。

同じ鳴き方でも、声の大きさや長さ、高さを変えてそのときの気持ちを伝えてくれていることがわかりました。ぜひ、愛猫の気持ちと照らし合わせてみてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2019年3月号『猫語をひも解くヒント集 鳴き声で気持ちはわかります!』(監修:帝京科学大学助教 動物看護士 小野寺温先生)
文/hare
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る