1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 「NNN(ねこねこネットワーク)」の策略!人を操る頭脳派集団?

「NNN(ねこねこネットワーク)」の策略!人を操る頭脳派集団?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秘密結社「NNN」とは

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

数年前からネットで話題になっている「NNN」をご存知でしょうか?愛猫家の間では、有名になりつつありますが、まだ全貌は明らかになっていない秘密結社です。「NNN」とは「ねこねこネットワーク」の頭文字をとった言葉。「猫民の猫民による、猫民のための組織」なのです。

その活動内容は、主に「猫を世間に広める」というもの。調査員(猫)や工作員(猫)を派遣し、人を猫のとりこにする方法をレクチャーしたり、保護されるためのテクニックを授けたりと、活動内容は幅広いようです。

皆さんのなかにはきっと、「NNN」の活動によって保護猫を飼うことになった人や、猫のとりこになっている人も多いことでしょう。しかし飼い主さんには、「NNN」が関わっていたという自覚が無い人も多いはず。それが「NNN」が秘密結社といわれるゆえんなのです。

「猫を飼いたいね」と話していたら…

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

中1の息子と「いつか猫を飼いたいね」と話していたころ、国道の植え込みで子猫を発見!諸用があったので「帰りにいたら連れて帰ろう」と決めて用事を済ませていましたが、子猫のいた場所が危ない場所だったことが気になり、予定を早く切り上げ急いで子猫の元へ!というお話が届いています。

「NNN」出動!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

これぞ「NNN」の活躍!と言えるのではないでしょうか。「猫を飼いたいね」という会話を聞きつけた調査員が、親子の環境を素早くチェック!飼い主にふさわしいと判断した組織は、ノラ猫になった子猫を親子の目につくように配置。その間は、工作員が子猫の安全を確保していたのでしょう。そうして、無事に子猫は親子の家族となりました。

ケンカの仲裁もする「NNN」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫の飼い主さんが、急な出張へ行くことに。しかし事態が急すぎて、愛猫を預けられるところが見つかりません。最終手段はケンカ中の父親だけ。しかも父親は大の猫嫌い…。

時間が無い飼い主さんは、父親に頭を下げて愛猫を預かってもらうことにしました。二日後、出張から帰ってくると、猫嫌いだった父親は猫のとりこに!そして、猫のことを話しているうちにわだかまりも溶けていき、素直に謝り仲直りできたそうです。

「NNN」出動!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ここでも「NNN」の活躍が光ります。工作員は、猫嫌いの人に猫を好きなってもらう方法を、飼い猫へ伝授したのでしょう。その間に調査員は、ケンカの原因が親子のコミュニケーション不足だと突き止めたのかもしれません。結果的に猫嫌いの人を猫のとりこに、そしてケンカの仲裁もしてしまったのです!

もちろん、「NNN」はあくまでも都市伝説です。しかし、アナタの周りにも猫との「不思議な縁」を経験している人がいるでしょう。もしかすると「NNN」は、本当に存在しているかもしれませんね。

出典元/「ねこのきもち」2016年9月号『運命の出会い〜きっと、愛猫がわが家を選んでくれた〜』
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る