1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 自分を「猫の下僕」と称するのはどんな人!? 専門家が真面目に分析

猫が好き

UP DATE

自分を「猫の下僕」と称するのはどんな人!? 専門家が真面目に分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私は猫の下僕なんです」


猫飼いさんの中には、自分のことをこのように称する人がいます。ねこのきもちWEB MAGAZINEが785名の飼い主さんにアンケート調査をしてみると……

調査:自分は「猫の下僕」だと思う?

飼い主さんの約4割は、自分のことを猫の下僕と思っていることが判明しました!

自分は「猫の下僕」という人の本音を聞いてみた

くっつくマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

では、なぜ「下僕」だと思うのか、アンケートで得られた回答の一部を紹介します。

  • 「猫様の魅力にメロメロなので」

  • 「すべて猫ちゃんファースト。それが楽しい」

  • 「お世話をさせてもらっている、という気持ちだし、何をされても怒りという感情はおこらない」

  • 「愛猫に呼ばれると返事を都度返すようになり、何を求めているか理解する日々の努力と、快適に暮らせるように精進し始めたら、下僕の仲間入りだと思います。現に私がそうです」

  • 「ご飯食べさせて〜や、トイレするから側で待ってて〜などのワガママにも、ハイハイと付き合ってしまうから」

  • 「私におねだりすれば、願いが叶うことをを理解しているかのごとく、何かあればすぐに私のところに来ます。用が済めば、すぐにどこかに行きます」


ぬいぐるみを抱っこする猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

  • 「いい毛布は全部猫にとられ、食事する前に自分が座ろうとしていた椅子に猫がいたら、床に座ります」

  • 「何時も姫様のご機嫌を伺います。そして、姫様のために私の人生があります」

  • 「なんやかんや言っても言うこと聞いてしまったり、自分の物より猫達の物を買ってしまいます」

  • 「猫中心での生活パターンになっている。それが嫌ではなく、当たり前になっているから、たぶん下僕なんだと思う」


みなさん、本当に愛猫に尽くしているんですね!

【専門家が分析】自分を「猫の下僕」と称すのはどんな人!?

見つめるブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

今回ねこのきもちWEB MAGAZINEでは、自身を「猫の下僕」と称する人たちの特徴について、獣医師相談室の先生に分析をしてもらいました。


「ご自身のことを“猫の下僕”と称する方々の多くは、きっと『猫という生き物は、人間の思う通りにはならない』ということを、実際に経験をされているのではないかと思います。

それでも、その方々は猫が大好きで、猫と一緒にいられることそのものが、幸せと感じていらっしゃるのでしょう。

“猫の下僕”という表現は、『愛猫がご自身と共にずっと楽しく暮らしていてほしい』と願って日々の世話をするその優しい気持ちを、少し自虐的に言い表している言葉なのかもしれませんね」

見つめるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

自虐的に言ってしまう「猫の下僕」という表現だけれど、これは飼い主さんの幸せの表れなんでしょうね♡


『ねこのきもちWEB MAGAZINE vol.79』
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/sorami

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る