1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 猫マスターが語る「猫は"かまってちゃん"な生き物!?」【村松君(猫)と愉快な仲間たち#2】

猫が好き

UP DATE

猫マスターが語る「猫は"かまってちゃん"な生き物!?」【村松君(猫)と愉快な仲間たち#2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご自宅に猫がいる方、あなたや家族がテレビを見ているときや寝っ転がっているとき、猫はどこで何をしていますか?
猫と暮らしていない方でも猫好きの方ならネットで見かけたり話で聞いたり、なんとなくイメージがあるのではないでしょうか?

有名どころでいうと
・テレビの前に突っ立つ
・膝に乗ってくる
・おもちゃで音を立てて遊び出す
など。

これは

・テレビの前に突っ立つ
「俺は・・・ここだぜ・・・?」

・膝に乗ってくる・
「俺は・・・ここだぜ・・・?」

・おもちゃで音を立てて遊び出す
「俺は・・・ここだぜ・・・?」

という意味になるのですね。

そう。猫は今まで世間のイメージよりずっと“かまってちゃん”な生き物なんです。
犬とは違っておもちゃを持ってきて「お〜〜〜い! 遊ぼうぜ〜!!!」みたいなノリで近づいてきたりしないので、そう捉えない方も多いのかもしれませんが、地味〜に存在感をアピールする。それが猫です。覚えておいてください。(突然猫マスター感を全開に出す)

とはいえ、猫は毛柄や個体差もあり、性格もさまざま。

そんなときの実家猫たちの反応は・・・

まず、すんぴの場合、

・できるだけデカイ音で爪を研ぎ、すごく可愛い顔でこっちを見る
・無視してくる人間の足をわざとらしく踏んで歩いていく
・なぜか廊下の端っこまで行って、全力で駆け抜ける
・目の前に突っ立ち、こちらと目を合わせることなく、ただただ尻尾を顔にぶち当ててくる


といった行為を行う、猫的なツンデレ感のある性格です。

一方、村松氏は

・膝に乗る
・なんか可愛い声を出す
・ひっくり返る
・ついてくる


という、わりとストレートで猫的なツンデレ感があまりない性格なのです。

こんなに対称的な2匹と暮らす家族はさぞかし大変だろうと思っていましたが
村松君は、仕事さえなければ、一日中ずーーーっと猫を触っていたい父に懐いていて、
すんぴは、家事やピアノのレッスンなどで忙しくゆっくりと猫を触れられない母に懐いている、という、すごく綺麗にバランスが取れているのでした。

ちなみに、僕が実家に帰ると、玄関ですんぴが待っていて、ずっとついてくるというスーパー可愛い仕草を見せつけてきますが、村松君はなぜかゴミを見るような目でこっちを見てくるので悲しくなります。

プロフィール

作者:響介

本業は作編曲家/猫マスター
29才。将来の夢は無人島に住んで猫と一日中鬼ごっこ日向ぼっこ。
毎日猫と追いかけっこしたいがために突如家を買う。日々曲を書き、曲の〆切に追われながら日々猫たちのご飯の〆切にも追われる。
日々の猫との暮らしで実感した、猫の真実を語った書籍「猫を飼うのすすめない11の理由」が好評発売中

ブログ: 「変顔猫リュックと愉快な仲間達」
Twitter(@HOMEALONe_ksk):@HOMEALONe_ksk
Instagram(@rikkufamily):@rikkufamily
YouTubeチャンネル:リュックと愉快な仲間たちVlog

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る