1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 健康・病気
  4. 猫が食べると危険な食べ物
  5. 猫は魚は大丈夫…は危険!? 猫が食べちゃダメ&与え方に注意したい食材

猫が好き

UP DATE

猫は魚は大丈夫…は危険!? 猫が食べちゃダメ&与え方に注意したい食材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「猫は魚が大好き」などのイメージがあるので、夕食で余ったお刺身やごはんを与えてしまいたくなりますが、食材やその与え方によっては、猫の体によくないことも。猫が絶対に食べてはいけない食材や、与え方に注意したい食材を知って、愛猫の健康管理に役立てましょう。

アジ・イワシ・サンマなどの生の青魚

魚のおもちゃで遊ぶ猫(MIX、オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

魚を原材料にしたキャットフードが多いので「魚は食べて問題ない」と思いがちですが、どんな食べ方で、好きなだけ食べてもOKというわけではありません。

生魚には寄生虫が潜んでいる可能性があり、寄生虫が着いた魚を猫がそのまま食べてしまうと、体に害を及ぼす危険性があるので注意が必要です。また青魚に含まれる不飽和脂肪酸という物質はビタミンEを消費するため、食べ過ぎると猫の体にある皮下脂肪が黄色くしこりのようになる、黄色脂肪症(イエローファット)につながるおそれも。

猫に青魚を与える場合は、与える量に注意して、十分に加熱してから食べさせましょう。

スモークサーモンや干物など、調味料が使われている食材

ごはんを催促する猫(スコティッシュフォールド、オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ニオイにつられて猫が寄ってくるので、思わず分けてあげたくなりますが、それは危険です。

加工食品は製造過程で調味料や食品添加物による味付けが行われるため、人にとっても塩分が多め。そんな食材を猫に与えてしまうと、人よりもはるかに体重の少ない猫にとっては、塩分の過剰摂取につながります。

塩分の多い食事は腎臓に負担を与え、泌尿器系の病気にかかるリスクが高くなるので、猫に加工食品を与えるのはやめましょう。すでに泌尿器系の病気にかかっている猫は、絶対に口にしてはいけません。

かつお節や出汁をとったにぼしなど、ミネラルとアクを含んだ食材

ご飯を食べたそうにみつめる猫(ラガマフィン、メス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

一見すると問題のない食材のように見えますが、かつお節やだしをとった煮干しには、ミネラルやアクの成分が多く含まれています。オシッコの中でミネラルが増えると、結石ができやすくなるので注意してください。

また、食材によって成分は異なりますが、アクのなかに含まれるシュウ酸も結石の生成につながるため、膀胱炎や尿石症を発症するリスクが高まることも。

結石が尿道に詰まって排泄できなくなると、尿道閉塞になり、最悪の場合は死に至るケースもあるので、猫にミネラルやアクのある食材を与えることはやめましょう。

ごはん・そうめんなどの炭水化物

大好きな台所のにおいを嗅ぐ猫(マンチカン、オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

総合栄養食のフードだけで十分に摂取できるのに、プラスして炭水化物を与えてしまうと、肥満の原因につながります。そもそも本来猫は肉食動物なので、それほど炭水化物を摂取する必要はありません。

また、そうめんなどの粉物はそれ自体に塩分を多く含んでいるうえ、つゆなどにつけて食べることで塩分過多になりがちです。猫にそうめんやごはんは必要ないので、なるべく与えないようにしましょう。

昔は、猫の食事としてごはんにかつお節をかけた「猫まんま」を食べさせている家庭もありましたが、「猫まんま」は猫の健康によくなかったようです。猫のお世話をするときは、事前に与えていい食材と量を調べておくことが大切ですよ。

参考/「ねこのきもち」2015年7月号『切り取って保存できる!絶対NGな食べ物一覧付き 与えてはいけない! 人の食べ物とその理由』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高崎一哉先生)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る