1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 健康管理
  4. 特発性腎出血と診断されました。定期的な検査とはどのくらいの頻度でしたらいいのでしょうか。

特発性腎出血と診断されました。定期的な検査とはどのくらいの頻度でしたらいいのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特発性腎出血と診断されました。定期的な検査とはどのくらいの頻度でしたらいいのでしょうか。

「特発性」とは原因がわからないという意味に使われます。

特発性腎出血は、腎臓から尿路へ原因のわからない出血が起こり、おしっこが真っ赤になる病気です。多くの場合、真っ赤な血尿が出るという以外の症状はなく、血尿は数日で自然に消失します。治療は、安静を心がけて、経過を観察します。出血が長引いたり繰り返す場合は、止血剤や抗アレルギー剤などが使われます。

今回、ご相談者様の愛猫は、定期的に検査をするようにすすめられたのですね。経過観察のための検査と思われますので、内服薬が出されている場合は、薬が飲み終わるときに検査を受けてください。薬の処方が無い場合は、血尿が目で確認できなくなる1週間から2週間後くらいで検査を受ければよいと思いますが、詳しい検査日は動物病院で確認してくださいね。

ミックス|♂|1歳3カ月

監修/ねこのきもち相談室 担当獣医師

Q&A飼い方

更新

関連するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「健康管理」の新着記事

新着記事をもっと見る