1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫がおもちゃで遊んでいて大変なことに…獣医師が実際に見たトラブル事例を紹介

猫と暮らす

UP DATE

猫がおもちゃで遊んでいて大変なことに…獣医師が実際に見たトラブル事例を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おもちゃで遊ぶのが好きな猫は多いですが、飼い主さんが注意してあげないと、思わぬトラブルが起こるケースもあるようです。今回、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫のおもちゃで起こりうるトラブルとは?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫がおもちゃで遊んでいるときに、どのようなトラブルが起こる可能性がありますか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「猫はおもちゃを獲物のように扱い、それを捕まえて遊びます。猫との遊び方には猫じゃらしやぬいぐるみ、釣り竿タイプのものなどを使って遊ぶ方法がありますが、その中でも最も起こりうる問題としては誤飲があげられます。

とても小さいおもちゃだとそれを飲み込んでしまったり、大きなおもちゃだったとしても壊して誤飲することもあります」

——誤飲は命にかかわる場合もあるので怖いですね…。飼い主さんはどのようなことに注意すればよいでしょうか?

獣医師:
「猫とおもちゃを使って遊ぶときは、飼い主さんの目の届くところでおもちゃで遊ばせ、猫の遊び方を注意深く観察しながらおもちゃを与えるようにしましょう。また、遊び終わったおもちゃは、猫が届かない場所に片付けるようにしてくださいね」

獣医師が目撃! おもちゃが原因でトラブルが起こった猫の事例

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——先生は実際に、おもちゃで遊んでいてトラブルが起こった猫を診察したことがありますか? 

獣医師:
「実際に経験したものとしては、やはりおもちゃの誤飲です。たとえば、人気のある皮を使ったネズミの形をしたおもちゃを気に入って飲み込んでしまった猫や、飼い主さんのヘアゴムで遊んでいたらそれを飲み込んでしまったという事例も経験しています。

どちらも飲み込んだおもちゃやヘアゴムが腸につまってしまい、手術にて取り出さなければならないということになってしまいました」

——それは猫ちゃんもつらい思いをしましたね。

獣医師:
「大丈夫だと思っても、意外なところに誤飲しやすいものが隠れています。おもちゃを使用する際は飼い主さんが遊ぶ前に安全かどうかを確かめて、注意して使用するようにしましょう」


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る