1. トップ
  2. 猫が好き
  3. エンタメ
  4. かわいい
  5. 「猫は液体」を証明する子猫が話題に! 生まれてすぐに瀕死の状態も…危ない時期を乗り越え、元気いっぱいに成長

猫が好き

UP DATE

「猫は液体」を証明する子猫が話題に! 生まれてすぐに瀕死の状態も…危ない時期を乗り越え、元気いっぱいに成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「猫は液体」なんてよくいいますよね。「そんなところにも入れるの!?」というような、狭い場所に入ってしまうことも。

ここにも、「猫は液体」を証明するニャンコが…!

ティッシュ箱に入って遊ぶモチさん
@munchkin_no_mochi

こちらは、Instagramユーザー@munchkin_no_mochiさんの愛猫・モチさん(取材当時、生後5カ月/マンチカン)。

狭いところが大好きだというモチさんは、ティッシュ箱の中に自ら入ってしまうのだとか! パツパツにおさまっていますが、モチさん的には、このフィット具合が最高なのでしょうか。

ちなみに、モチさんはこの状態から自分で脱出できるそうで、「ニュルン」と出てくるのだとか。まさに「猫は液体」ですね!

まったりするモチさん
@munchkin_no_mochi

ティッシュ箱に入ることが好きなモチさんだけれど、生後5カ月で育ち盛りということもあり、そろそろ限界かも…? 飼い主さんは「もうティッシュ箱の方がヒィヒィ言ってる気がします」とコメントしていました(笑)

モチさんについて、飼い主さんに話を聞いた!

ティッシュ箱に入って遊ぶモチさん
写真提供/@munchkin_no_mochi

ティッシュ箱の中に入るモチさんの姿には、たくさんの「可愛い」の声が寄せられ、反響を呼びました。飼い主さんにお話を伺うと、モチさんは生後2カ月頃から、ティッシュ箱の中に入って遊ぶようになったのだとか!

飼い主さん:
「7歳の娘が『モチの秘密基地作るー♪』と、段ボールとティッシュ箱で遊び場を作ったことがきっかけです。いまだに娘が作ったボロボロの秘密基地で遊んでいるので、モチは気に入っているんだと思います。

どう見てもサイズ感はあっていませんが…(笑) 楽しそうに遊ぶモチの姿は、見ていて可愛らしいですね」

ランドセルの中に入るモチさん
@munchkin_no_mochi

家の中で「狭い場所」を見つけると入ってしまうというほど、狭いところが好きなモチさん。これまでにも、ランドセル、お土産の袋、Amazonの段ボール、窓とカーテンの間などに入っていたことがあったそうです。

また、食器棚の隙間に入ることも好きなのだそう。飼い主さんに怒られるとわかっていても、毎回入っては顔だけ出しているのだそうです。

生後3日目のときに出会ったモチさんは、瀕死の状態だった

見つめるモチさん
@munchkin_no_mochi

ティッシュ箱にパツパツに入っていたモチさんの姿からは想像ができませんが、飼い主さんご家族が初めてモチさんと出会ったとき、モチさんはとても危ない状態だったのだそう。

モチさんとの出会いのエピソードを、飼い主さんはこのように話します。

家に迎えた頃のモチさん
家に迎えた頃のモチさん
@munchkin_no_mochi

飼い主さん:
「あるお宅で、マンチカンの子猫が4匹産まれたのですが、1匹だけ体が弱すぎてお乳も飲めないコがいたんです。瀕死の状態で『もう無理だろう』と思われていたそうですが、なんとか助けたいと思って。

妻が動物関係のお仕事をしているため、粉ミルクと授乳用の注射器をもって、生後3日の子猫を迎えに行ったんです。そのコがモチでした」

ミルクを飲むモチさん
@munchkin_no_mochi

飼い主さん:
「まだ1月の寒い日で、お湯を入れたペットボトルでモチの体を温めながら、2時間おきに夫婦交代でミルクをあげました。それでも2週間くらいはなかなか体重が増えず、毎日生きているのが奇跡のような日々でした」

当初は、「元気になったらお母さん猫ときょうだい猫のところへ」と思っていたそうですが、気づいたら家族全員、モチさんにメロメロに。もう離れられなくなってしまったそうです。

すっかり飼い主さんご家族の一員となったモチさんを、そのまま迎え入れることになったのでした。

好奇心旺盛なコに成長!

伸びるモチさん
@munchkin_no_mochi

飼い主さんご家族の献身的なお世話の甲斐もあり、少しずつ成長していったモチさん。とても優しく、好奇心旺盛なコに成長したと、飼い主さんは感じているそうです。今は家の中のいろんなところに登ってしまうほど、毎日元気いっぱいなのだとか!

飼い主さんは、成長するモチさんを見守るなかで、「モチは自分を猫と思っていないかも…?」と思うことがあるといいます。

見つめるモチさん
ひょこっ
@munchkin_no_mochi

飼い主さん:
「我が家には、先住犬でパグのジャミン(16才)もいます。もう目も見えず耳も聞こえずで、よく吠えてしまうことがあるのですが、ケージの前でふたりはよく会話をしているんです。

そして、怒られるのがわかっていても、モチはケージに忍び込んで、ジャミンのごはんを盗んでいます。ちなみに自分のフードより、ジャミンにフードをあげているときのほうが、真っ先に飛んできますね(笑)」

モチさん
@munchkin_no_mochi

飼い主さん:
「モチは、お母さん猫やきょうだい猫とはほぼ一緒に過ごしていないので、『自分を猫だと思っていないかも』なんて思ったりもします」

モチさん
@munchkin_no_mochi

まだ子猫のモチさん。最後に、「モチさんへの思い」を飼い主さんはこのように話してくれました。

飼い主さん:
「パグのジャミンは大きな病気に一度もかからず、元気いっぱいのおばあちゃんです。モチもとにかく健康に、健やかに、共に成長していければと思います。

嬉しいことにSNSでたくさんの人に、モチの姿を見ていただけています。これからもたくさんの皆様に、モチの成長を見守ってもらえたら嬉しいです!」

写真提供・取材協力/Instagram(@munchkin_no_mochiさん)Twitter(@munchkin_mochi3さん)
※この記事は投稿者さまにご了承をいただいたうえで制作しています。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る