1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 猫カフェならぬ…「猫パブ」!?ロンドンのパブで看板ニャンコに会ってきた!

猫カフェならぬ…「猫パブ」!?ロンドンのパブで看板ニャンコに会ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でおなじみの「猫カフェ」。お茶をしながら猫とふれあえる癒しの空間で、昨今人気ですよね。

ところで、パブ文化の盛んなイギリスには「猫パブがある」という噂が……気になるので、実際に足を運んでみました!

住宅街にひっそりと佇む猫パブ

Old Eagle Camden

こちらが、「猫パブ」のひとつとして知られている「Old Eagle Camden」。ロンドンの中でも、原宿とアメ横をあわせたような、若者に人気の地区・カムデンの繁華街を抜けて、住宅街のなかにひっそりとありました。

店内に入ると猫は見当たらず……とりあえず食事を注文ということで、メニューを見てびっくり! 

通常、イギリスのパブではかの有名なフィッシュ・アンド・チップスやグルメ・ハンバーガーなどを食べることができますが、このお店はなんとすべてタイ料理!

タイ料理

タイカレーの辛さに舌鼓を打ちつつ、猫を探します。

お店の奥に……?

食べ終わっても、まだ看板猫は見当たらず。本当にこのパブであっているのかと不安になりましたが、カウンターの角に猫用のお水の器を発見!

きっとどこかで寝ているに違いない、と確信してお店の中をぐるっとすると……

看板猫

いました! ソファーをひとりじめして、スヤスヤと寝ていました。ただ、パブはなんせ薄暗いので、黒白のねこちゃんは保護色になってしまいますね……!

なでてもまったく動じず、人慣れしている様子で、そのうちお腹まで見せてくれました。

看板猫・チャーチルは自由なニャンコ

なでているうちに起こしてしまったようで、やがてネコちゃんはソファーを飛び降りて、客席の足元を自由に抜けていきます。

あとを追うとひょいっとジャンプして、カウンターの椅子に座っていました。

看板猫・チャーチル

こちらが、Old Eagle Camdenの看板猫・チャーチルです。イギリスでは、同店のように看板猫のいるパブをまとめた書籍が発売されていて、このパブもその「猫パブ本」の中で紹介されていたお店のひとつ。

写真を撮っていると、やがてチャーチルはひょろりとカウンターに移り、尻尾を揺らしながら奥に行ってしまいました。

姿を追うと、カウンターの奥の棚にご飯の器が。おそらく、チャーチルはもらって残しておいたであろうカリカリを、寝る前に食べていたのでしょう。

Churchill waiting for the bar to close 🐾🐾 #❤️pubs #publife #pubcat #oldeaglepub #bars #kentishtown #camdenbar #camden #pub #igerscamden

🍷Old Eagle Pub 🥂🍺さん(@old_eagle_camden)がシェアした投稿 -

お店の公式フェイスブックやインスタグラムにも、チャーチルはときおり登場しています。インスタグラムでは、猫との遭遇を喜んだお客さんの様子を見ることができます。


日本の猫カフェとは、雰囲気も楽しみ方もちょっと違う猫パブ。ロンドンを訪れた際は、ぜひ遊びに行ってみてくださいね!

取材・文/原田真帆
参照/Instagram(@old_eagle_camden

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る