1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 愛猫の健康のためにこれがあると安心!~本日もねこ晴れなりvol.57~

愛猫の健康のためにこれがあると安心!~本日もねこ晴れなりvol.57~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫の健康のためにこれがあると安心!

愛猫の健康のために用意しておくと安心なうにまむさんのおすすめアイテムを紹介します。体調を崩しがちなシニア世代の猫の飼い主さんはもちろん、まだまだ若くて元気な猫の飼い主さんも必見です!

ペットスケールで健康管理!

猫の体重。皆さんはどういう方法ではかっていますか?
一番ポピュラーで簡単な方法は、人間が猫を抱っこして体重計に乗り、そこから人間の体重を引く・・・・という方法ではないでしょうか(・∀・)

でもこの方法だと、毎回自分自身の体重を見て『はうっ!』となってしまうので、人間的にはちょっとキビシイですよね(;=∀=A
それに、そこまで身を削ってはかってみても、猫は小さいので『だいたい』の体重しかわからない・・・。

そこで!ワタクシがおすすめしたいのは、ペットスケール、もしくはベビースケールであります!
ベビースケールは人間の赤ちゃん用の体重計なので、まぁ本来の使い方とはちょっと違うんですけども、赤ちゃんと猫、ほぼ同じぐらいの大きさですのでかなり重宝するんですよね(^∀^;)ヾ

ねこのきもちweb

犬猫用、赤ちゃん用のスケールなら正確に体重がはかれますよ!

そしてですね、これらの何がいいって、はかる単位が細かいこと(・ω・)b
人間用の体重計は50g単位ではかる物が多いのですが、体重4〜5㎏の猫では50gの差はかなり大きい!
ペットスケール、ベビースケールは、小さな赤ちゃんや犬猫用にはじめから作られている物ですから、はかる最小単位も5gだったり10gだったりと、かなり小さくなっているのです(・∀・)

うにが今年のはじめに糖尿病の診断を受けた時も、日に日に落ちていく体重が心配になり病院に連れて行ったので、早期発見できました。
確かに専用の体重計は、値段もそれなりにするんですけども、絶対にあって損はない物だと私は思います(*^-^*)

ねこのきもちweb

早期発見って大切ですね!

ペット保険はシニアになる前に!

現在我が家では、12才のもーちゃんと10才のうにがペット保険に加入しています。
正確には『うには再度加入した』です(・ω・)
うには子猫の頃から数年間ペット保険に入っていて、それなりに助かってはいたのですが、青年期になって体も丈夫になり『動物病院に行くのは年に一度の健康診断だけ』という状況が何年も続いた時に、まぁ今のところはいっか♪と一度解約したのです。

それから数年後。もーちゃんが加入の年齢制限ギリギリになったので『2匹ともそろそろシニアだし入っておこうかな♪』と軽い気持ちで うに共々加入したところ、その1年後ぐらいに、もーちゃんの手術、うにの糖尿病発症という状況が立て続けにおきまして・・・。

猫も歳を取ると若い頃とはぜんぜん違って、ガクッと体調を崩すことが多くなります。
当たり前の事なんですけど、若くて元気な時にはなかなか気付けないんですよね。
私も高をくくっていたことを激しく反省・・・(-ω-;)
なので近々末っ子のてんちゃんも、保険に加入させようと思っております!

ねこのきもちweb

若くて元気なうちはなかなか気づけないもの。

というワケで、ギリギリセーフで保険のお世話になる事ができたのですが、
やはりですねぇ、実際ものすごく助かっております(;=▽=A
うにのような長期の治療が必要となる症状ですと、なおさらありがたみを感じますよね(・∀・;)

確かに保険料はお安い!とは言えませんし、結局一度も使わなかった!ということもあるかもしれませんが、何かあってからでは遅いというのを身をもって感じてしまったワタクシは、ペット保険、結構おすすめなんですよね(^-^;)
今はペット保険を扱っている会社もかなり増えて、選択肢もいろいろあると思いますので、シニアになる前にちょっと考えようかな・・・というのも、アリだと思いますよ♪

ねこのきもちweb

歳をとると体調を崩しやすくなるので備えておくと安心です!

皆さんは愛猫の健康のためにどんな備えをしていますか? 元気な愛猫を見ていると「まだまだ大丈夫」と思ってしまうものですが「ペット保険」は早めに考え始めたほうがよさそうですね。次回もお楽しみに!

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る