1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 愛しすぎて、呼び名がどんどん変わっていくの、何故なのでしょうか。〜リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介vol.30〜

愛しすぎて、呼び名がどんどん変わっていくの、何故なのでしょうか。〜リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介vol.30〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様はお家の猫ちゃんのこと、なんと呼んでいますか?


例えば、「タマ」ちゃんがいたとします。


可愛すぎて可愛すぎて愛しすぎるあまり気付いたら「たっちゃん」になってたり「まーちゃん」なったり「てぃあまたん♡」になったり・・・しますよね?しますね。


そんな愛が故に名前が進化していく謎理論あるある!


今回はみんなの呼び方の進化過程を大公開します。


ぜひツイッターなどで、皆様のおうちの猫ちゃんたちの名前進化過程を教えてください!


ではレッツ呼び名!

リュック→リュックくん→リュックん→リュッキン

ソラ→ソラリ→しょら(可愛すぎて鼻息ダダ漏れのため)→しょらり姫→しょりゃ(可愛すぎて滑舌を失った)→しょ(全てを失った)→姫

ニック→ニック→ニック→ニッ(甲高い裏声)

ぴーぼ→ぴーぼこ→ぴーぼこたん→ぼこたん

ぽぽろん→ぽぽろ→ぽぽちん→ぽっち→ぽちぽち→ぽっちぽち

すんぴ→ぴんす→すんぴ


すんぴは家族によって呼び名が違うのです。


母「しゅんぴ」


祖母「ちゅんぴ」


父「猫」


ちなみに父は家族の前では「猫はどこだあ?」とすんぴのことを猫猫呼んでいたのだが、


実家に誰もいない日、僕がこっそり家に戻った時のことです。


父が帰宅した際、すんぴが父を玄関まで迎えに行くやいなや


「しゅしゅしゅんぴぃ~!(スーパー裏声)パパを迎えに来てくれたのぉお~?しゅんぴ♪しゅんぴ♪しゅんぴはしゅんぴ♪」


と謎の「しゅんぴのテーマ」を歌いながら家中を闊歩しているのを目撃してしまったのです。


いたたまれなくなりスッと僕が現れると


「……いたのか(超低音ボイス)」


瞬時にいつもの父に戻りました。


そう。すんぴだけが知る父の顔があったようです。


最近はもうその天井知らずの愛を我慢することができず来客がいようが家族がいようが「しゅんぴのテーマ」を奏でています。

仔猫ちゃん→村松くん→むーたん→村松→村松氏→将来的に村松さんになると思います。

こちらが村松君時代。

こちら、現在の村松氏です。

とまあ、こんな感じでどんどん呼び名のバリエーションが増えちゃうの、不思議ですよね。
今後もまだまだ増えていくと思うので、また増えすぎて大変なことになってきたら記事にしようかと思います。
あ、ちなみに僕は
響介→響君→響ちゃん→猫マスター

猫マスター響介と無限の名を持つ猫たち

プロフィール
作者:響介
本業は作編曲家/猫マスター/サウンドプロデューサー/ギタリスト
27才独身。将来の夢は無人島に住んで猫と一日中鬼ごっこ日向ぼっこ。
毎日猫と追いかけっこしたいがために突如家を買う。日々曲を書き、曲の〆切に追われながら日々猫たちのご飯の〆切にも追われる、そんな〆切地獄の幸せな毎日を送っています。
ブログ: 「変顔猫リュックと愉快な仲間達」 Twitter:@HOMEALONe_ksk

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る