1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 達成感がすごい……! ミニチュアブロック猫、作ってみた。

達成感がすごい……! ミニチュアブロック猫、作ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を“手作り”したい!

近年稀にみる猫ブーム。猫のよさが知れ渡るのは喜ばしいことです!
そしてそのブームがあってのことか、最近猫モチーフの手作りグッズが多い気が。

……私も作ってみたい!!

ということで、仕事で一番に力を入れている作業が絵コンテを描くことという
自称“芸術系”の筆者が、猫の手作りキットに挑戦します!

まずは何を作るか。
失敗したくない&したときのショックが軽くすむよう、
100円ショップを物色してみたところ……あった!
初心者の私でも簡単に作れそうな

猫のブロック! しかもナイス配色バランスの、三毛柄!

これなら失敗してもやり直しが簡単そうだし、そして何よりお手頃価格。
迷うことなく購入決定です。

いざ開封

開封してみると、土台と、やっと指でつまめるほどの小さなブロックが全4色。
毛柄の3色と、ピンク。
あ~ピンクはきっと、鼻だろうな~~~~。もう可愛い。

説明書を読んでみると、ふむふむ、対象年齢は12才以上。よかった~やっぱり簡単そう。
説明もいたってシンプルなので、たしかに子どもでも理解しやすいかもしれません。

早速作ってみる

まずは土台を準備して、1層ずつ、プチプチっとブロックをはめていきます。

うーん、思ったより、複雑? すでに「才能ないかも」と思い始めたところで、
三毛柄の理由が何となくわかりました! 色で区別できるので、説明書が見やすい!
単色だったらきっとすでに挫折していたことでしょう……。
と言いながら、やっとのことで体の完成です。

おぉ……っ! 足の感じとか、しっぽの感じとか、すでに猫感がありますね!
次は顔です。

顔は土台がないので、スタートがちょっと苦戦。

徐々にブロック同士がくっ付いていくと強度が増していくのと、
いい加減、作り方に筆者もなれてきたので、予定より時間をかけず作れました。
ここで筆者が一番テンションが上がったポイント、それは目を付けるという、
この人形に“魂”を宿す瞬間です。

これが目のブロック。他と違って側面がカーブしているので、キュートな瞳を演出します。

いざ、入魂。

伝統工芸で人形を作られている方が、真剣に目を描くシーンをよくテレビで見たりしますが、何とな~くその気持ちが分かりました(笑)。
この瞬間で、一気に愛着がわいてきました! そして、顔の完成。

体と頭部を合わせて、完成。

どうですか! 最中は「これがどうやって猫に?」と半信半疑で作業していましたが、
完全に猫になりましたね! 横も、後姿もかわいい……! 苦戦したぶん、達成感はひとしおです。
私は約30分かかりましたが、なれてくればもう少し早く作れそうに思いました。
手も汚れないし、やり直しも簡単。手作り初心者の筆者にはぴったりだったのかも!

うーん、制作欲に火が付いたのか、もっと作りたい!
近々また猫モチーフのキットを見つけて作ったときには、またご紹介したいと思います!

完成した三毛柄ちゃんは、私のデスクに……❤

もし本物の猫だったら、こんなコだったかな?

※写真の一部はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
文/Monika

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る