1. トップ
  2. 猫が好き
  3. だけど?いや、だから愛おしい…! ざんねんな猫の生態情報、仕入れました♪

だけど?いや、だから愛おしい…! ざんねんな猫の生態情報、仕入れました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「猫って完璧っっ!」と、思っていませんか?

すらっとした足、無駄のない肉付き、その大きさからは想像できないほどの運動能力……! みなさん、とくに猫を飼っている人は、「猫ってすごいな~!」と思ったことはありませんか? しかしじっくり観察してみると、思わず笑ってしまいたくなる、何ともマヌケな行動をすることも。今回は、筆者が「何ともざんねんだな~」と思った猫の生態をご紹介します。

感覚が鋭すぎて…

聴き取れる音域が人の3倍ともいわれる、猫の聴覚。その感度のよさは、人には聞こえないくらいの音がする位置さえも、正確に特定できるほどなのだとか。しかしその“スペックのよさ”がアダとなってか、猫はある音に集中し過ぎると、その音に飽きたり、正体が判明するまで、ほかの音が聞こえないのだそうです。ですから、おやつにかぶりついているときや、じゃらし遊びにハッスルしているときなどに声をかけても見向きもしないのです。

ちなみに、ときどき壁の一点を見つめて固まっている猫がいますが、おそらくそれも、壁の先のどこからかする音に集中しているから。人からすれば、私たちには見えない“何か”が目線の先にあるようで、怖いったらありゃしないですよね(汗)。

平和は猫を“ダメ”にする?

野生時代は、単独行動をしてきた猫。その名残もあって、猫に“デレ”だけでなく“ツン”があるのは有名な話ですよね。誰にも無駄に媚びない、悠々自適な様子を見ると、「まさに“1匹オオカミ”だな~」なんて筆者も思ったりします。しかし最近の飼い猫は“平和ボケ”してきているのか……

群れるようになったようです(笑)。たしかに外で暮らしていたとしたら、こんな風に猫同士で集まったり、

こんな格好で寝たりしていないでしょう。警戒心とやらは、どこへ行ったのか……。



以上、筆者の仕入れた、“ざんねんな猫の生態”、でした!
また新しいネタを仕入れ次第、報告したいと思います~!



※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
文/Monika

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る