1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 第5回 猫団子 見ているだけでポッカポカ!|すばらしきニャン語の世界

第5回 猫団子 見ているだけでポッカポカ!|すばらしきニャン語の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫家の間では当たり前のように使われているけれど、じつはどんな意味なのかわからない……。そんな、いまさら聞けない猫用語についておさらいしませんか? 獣医師による解説も要チェックです!

2匹以上の猫が寄り添っているさま。体を密着させて丸くなっている姿が、「団子」のように見えることから命名された。日当たりのいい場所やクッションの上など、睡眠に適した場所で見られることが多いが、起きているときにも猫団子を形成することがある。

猫の性格によって密着の仕方が異なるため、必ずしも円形をキープできるわけではない。そのため、「猫のかたまり=猫団子」と定義するのが一般的。

<類義語>


ミルフィーユ:複数の猫が上下に重なり合っているさま。
猫サンド:寝そべった猫たちが整列するようにくっついているさま。

どうして猫は「猫団子」になるの?


猫同士で身を寄せ合うのは、体温が下がらないようにするためです。とくに、子猫同士で猫団子になるときは、母猫がいない不安から。これは集団になることによって、外敵から身を守り、心理的に安心できるという効果もあります。夏場にも見られるときは、クーラーによって体が冷えている可能性も。温度管理に注意してあげましょう。

回答:ハルペッツクリニック東京 院長・林晴敏先生 http://www.harupets-tokyo.com/


写真で見る「猫団子」


猫団子は冬の風物詩。あったかモフモフの感触が伝わってくるようです。

※フォト自慢への投稿写真より

テキスト/OFFICE-SANGA

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る