1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 「イカ耳=怒り」以外にも理由がある! 耳の角度で猫の気持ちを知ろう

猫が好き

UP DATE

「イカ耳=怒り」以外にも理由がある! 耳の角度で猫の気持ちを知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の耳の根元には27もの筋肉があり、約180度動かすことができるそうです。猫が耳を後ろへ反らせたり横に寝かせたりと、「イカ耳」状態にしているのを見たこともあるでしょう。今回は、このような猫の耳の変化に表れる、さまざまな気持ちについて解説します。

後ろへ反る:怒り・拒否

イカ耳で威嚇している猫

耳に力が入り後ろに反るときは、怒りや拒否の気持ちを表しています。「このままだと攻撃するぞ!」という怒りをアピールする際や、同居猫や窓の外のノラ猫に対して見せることが多いようです。人に対しては「近づかないで!」という拒否を意味している場合も。

気持ちが強いほど……反る角度が大きくなる!

気持ちが強いほど、耳の反る角度が大きくなります。これ以上回らないほど耳を反らせていたら、強い怒りや拒否を表しているといえるでしょう。

ペタッと伏せる:恐怖

耳を伏せて怯えている猫

怯えて恐怖を感じているときは、全身に力が入って体が縮こまり、耳を平たく伏せます。苦手な音が聞こえたときや、強い相手ににらまれて「負けそう」と弱気になったときに見られる様子です。

少しだけ外を向く:リラックス

耳を外に向けてリラックスしている猫

まどろんでいる状態や「これからどうしようかな~」とリラックスしている状態のとき、耳を少しだけ外側に向けることがあります。不機嫌なときにも耳を外へ向けますが、リラックスしているときは頭が少し下がり気味で、目も閉じ気味になるようです。

恍惚状態になると……耳を後ろに倒すことも!

飼い主さんになでられていて気持ちがいいと、耳を後ろにペターッと倒す猫も。これは、リラックス気分や「もっともっと~」という恍惚状態だと考えられますが、イライラサインともカンチガイしやすい耳の動きです。気持ちがいいときは、猫が自分で体をかくときのように顔を上に向けるので、アゴの位置もあわせてチェックしてみましょう。

ピンと立ち音のする方に向く:興味・緊張

目と耳を音のする方に向ける猫

獲物や見慣れないものなどに対し、興味や緊張を示すときに見られる形です。リラックスしているときに比べると力が入り、耳と一緒に目もそちらに向けてくわしい情報を得ようとする様子が見られます。

気持ちが強いと……耳の房毛が立つ!

対象物に対して強い注意を向けるほど、耳全体に力が入ります。それにより、先端に生えている房毛がピンと立った状態になるのです。

顔と違う方向に向く:リサーチ

片耳だけを音のする方に向ける猫

何かが聞こえて「ちょっと気になる」という程度のときは、耳だけを音のする方にくるっと向けます。耳を顔と違う方向に動かして音に集中する様子は、まるで動くパラボラ集音器のようですね!

猫の耳は、五感の中でもっとも優れた聴覚によって、最初に情報をキャッチする部位。それだけに変化も目立ちやすく、チェックしやすいパーツです。愛猫の耳をよく観察して、気持ちをたくさん読み取ってあげましょう♪

参考/「ねこのきもち」2018年9月号『キホンからカンチガイしやすいものまで パーツでわかるねこのきもち』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺温先生)
文/nekonote

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る