1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 実は本能的にジャッジしている!? 猫の好きな音・苦手な音

猫が好き

UP DATE

実は本能的にジャッジしている!? 猫の好きな音・苦手な音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音に敏感といわれている猫ですが、実は好きな音や苦手な音は本能的にジャッジしているのだそう。
今回は、『ねこのきもち』読者の体験談を交えながら、猫の「好きな音」と「苦手な音」をご紹介します。猫と音楽の関係についても、解説するので参考にしてみてくださいね!

猫は「獲物を連想させる音」が本能的に好き

窓の外をみるスコティッシュ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

M・Sさんの愛猫は、窓の外の鳥の声や、テレビから動物の鳴き声が聞こえると、どこからでも駆け寄ってくるのだそうです。

また、E・Sさんの愛猫は、E・Sさんがピアノを弾いていると、近くに寄ってきて膝の上にのり、そのまま演奏するように鍵盤を押し始めるといいます。とくに高い音が出るほうを押したがるのだとか!

どうしてこの音が好きなの?

外の鳥の鳴き声やテレビから流れる動物の鳴き声から、本能的に獲物である小動物を想起して反応しているのかもしれません。
また、ピアノの高い音を好むのも同じ理由で、狩猟本能が刺激されているのでしょう。

「大きな音」や「低い音」が本能的に苦手

半分顔を出すさくらちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

K・Yさんの愛猫は、飛行機が飛ぶ音やバイクが通る音が聞こえると、何をしている途中でも姿勢を低くしてその場でフリーズしてしまうそうです。怯えるというより戸惑っているように見えるのだそう。

また、T・Rさんの愛猫は、ご主人の大きなくしゃみの音が苦手で、すごい勢いで逃げていくのだとか……。

どうしてこの音が苦手なの?

猫は人よりも広い可聴域をもっているため、人に聞こえている以上に音が大きく聞こえます。そのため、くしゃみの大きな音は、本能的に苦手なのです。
また、猫の敵のうなり声は低い音なので、乗り物が発する低い音も苦手なのでしょう。

猫と音楽にはこんな関係が……!

猫はクラシックに癒される?

猫は人の約3倍もの広い音域を聞き取れます。その中でも聞き取りやすいのは、周波数約8000ヘルツ。倍音という高くて柔らかい音です。
ちなみに、2015年にポルトガルの研究チームが、手術中の猫にさまざまなジャンルの曲を聞かせたところ、クラッシック音楽がもっともリラックス効果が高かったという結果も出ています。

猫にもリズム感がある?

猫は狩りの際に、獲物に飛びつくタイミングを計るため、リズム感があるそうです。
しかし、リズム感といっても、人のように「1・2・3・4」と数えるものではなく、個体ごとに違う、本能のようなものだといわれています。

愛猫と音の関係に注目してみて♪

ビヨーンと伸びて寝ている猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

意外と知らない猫と音の関係性をご紹介してきました。猫は小動物などの「獲物」を連想させる音が好きで、身の危険を感じる「敵」のような音が苦手のようですね。

ぜひ愛猫と音の関係にも注目してみてください♪

参考/「ねこのきもち」2019年5月号『どの猫も好きな音は?クラシック音楽で癒される?知りたい 猫と音 (トーン)』(監修:慶應義塾大学文学部人間関係学系教授 渡辺茂先生)
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る