1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 薬/投薬の方法
  4. てんかんの投薬が強いとふらつき、弱いと軽いけいれんを起こします。薬の量が変わるときに獣医師に伝えたほうがいいのでしょうか。

Q&A飼い方

UP DATE

てんかんの投薬が強いとふらつき、弱いと軽いけいれんを起こします。薬の量が変わるときに獣医師に伝えたほうがいいのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

てんかんの投薬が強いとふらつき、弱いと軽いけいれんを起こします。薬の量が変わるときに獣医師に伝えたほうがいいのでしょうか。

てんかんの薬は1種類ではありません。同じ薬の量を変えてコントロールできないときは、別の薬を使ったり、2種類の薬を合わせて使ったりします。薬を飲んだときの愛猫の様子を詳しく説明して、少しでも愛猫が楽な状態で過ごせるように、獣医師と相談してください。

ミックス|♀|1歳11カ月

監修/ねこのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&A飼い方

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「薬/投薬の方法」の新着記事

新着記事をもっと見る