1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 気持ち
  4. たまにしっぽを踏んだり押さえたりしても鳴かないことがあるのですが、大丈夫でしょうか。

たまにしっぽを踏んだり押さえたりしても鳴かないことがあるのですが、大丈夫でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たまにしっぽを踏んだり押さえたりしても鳴かないことがあるのですが、大丈夫でしょうか。

大丈夫だと思われます。もしご相談者様の愛猫に、腰や尾の周辺の神経に異常があって、鳴かないのでしたら、後ろ足が麻痺したり、常にしっぽがだらっと下に向いているような状態になってしまったり、排尿や排便がうまくできずに、垂れ流しのような状態になるなどの症状を伴います。またこのような神経症状は、進行性でだんだん症状が悪くなっていくことが多いです。

おそらく、あまり痛くなかったか、多少痛くても我慢できる範囲だったのでしょう。また猫の性格によっても、鳴いて文句をいうような猫もいれば、ある程度は我慢してしまう猫もいます。

ミックス|♂|0歳6カ月

監修/ねこのきもち相談室 担当獣医師

Q&A生態・行動

更新

関連するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「気持ち」の新着記事

新着記事をもっと見る