1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 「ナチュラル」、「オーガニック」キャットフードの健康への効果と安全性

「ナチュラル」、「オーガニック」キャットフードの健康への効果と安全性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ナチュラル」、「オーガニック」と書かれたキャットフードのほうが他のフードよりも健康を維持する上で優位であるわけではありません。あくまでも素材にこだわりたいときの参考指標の1つにするとよいでしょう。

「ナチュラル」なフードのほうが健康によい?

※写真はアプリ「まいにちのねこのきもち」に投稿されたものです。

「ペットフードの表示に関する公正競争規約」では、化学的に合成した原材料・着色料を使用していないものに「ナチュラル」や「ネーチャー」と記載してよいと定義しています。またこれと同時に、栄養上必要なミネラル、ビタミン、アミノ酸などの添加については、その旨がわかるように併記することも決められています。
 添加物等については、仮に一生食べ続けることを想定して、それでも大丈夫なように使用量が定められていますので、健康を維持するうえで「ナチュラル」なものがそうでないものより優位であるわけではありません。人が食べる食品を選ぶときと同様、素材にこだわりたいときの参考指標の1つと考えればいいでしょう。

「オーガニック」のフードの方が安全性は高い?

※写真はアプリ「まいにちのねこのきもち」に投稿されたものです。

 特定の農薬を使用していない原材料で作られていることを示す「オーガニック」や「有機」という表現は、日本の規約では基本的には表記することは認められていません。アメリカやオランダのように基準が定められ、認定がある国もありますので、農薬を使用していないフードを与えたいというこだわりがある場合にはそのような認定を参考にして選ぶと良いでしょう。
 ただし、これは製品の作り方や原材料に対する説明であって、製品の品質や安全性の高さを保証しているという意味ではありませんので、その点は注意が必要です。
 フードの機能性や味のバリエーションが増え、厳選された素材のものを愛猫に食べさせたい飼い主さんのこだわりなどに応えるものまで、さまざまな商品が販売されています。
 しかし大切なのは、愛猫の健康状態やライフステージに合った、栄養バランスが適切なフードを与えることです。健康状態や食事に関して迷う場合には獣医師に相談し、適切なフードを選ぶようにしましょう。

引用元:ねこのきもち『キャットフード大事典』

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る