1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 意外なシーンも?猫の「うれしい」気持ちは成功体験に秘密があった!

意外なシーンも?猫の「うれしい」気持ちは成功体験に秘密があった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫の「うれしい」という気持ちがわかれば、より日々のケアや遊びが楽しくなること間違いなしで!喜ぶポイントには意外な一面も再発見できるかもです。

「成功体験」が猫の気持ちがアガるポイント!

「ごはん食べたいニャ〜」「もっとなでてほしいニャ〜」と甘えてくる愛猫。そんな要望が叶う成功体験が続くと、猫は「うれしい」という感情が起こり、園行動を覚えると言われています。子猫が母猫のミルクを飲めた時が一番最初の成功体験なんだとか!また、狩りがうまくいった時なども含まれるそうで、なるべく多く成功体験を積ませて、愛猫の幸せ度を上げたいものですね。

もっともっと「うれしい」気持ちを持たせたいなら?

猫が喜ぶことをもっとしてあげられたらと考える飼い主の方は多いと思います。そんな時は、ハイタッチなどを猫にさせて上手にできたタイミングでごほうびを与えてみましょう。これも猫の中でその「行動」=「よいこと」と認知されるので、繰り返して行うようになるそうです。食べ物のごほうびを用意すると、効果テキメンです!

意外!こんなことも喜びの感情につながっている!?

実は、ごはんや遊びの中以外にも、猫が「うれしい」と感じている瞬間があります。排泄後や、留守番の時にもいい気分になるというのです。用を足す前のもどかしさ、おしりのムズムズ感から解放された喜びや、誰もいない静かな部屋で自由に過ごせる快適さが、うれしさにつながっているそう。


出典/「ねこのきもち」2017年11月号『猫の『うれしい!』を人にたとえてみたら…』
文/阿部康子

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る