1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 寒い冬の留守番で気をつけたいのはこんなこと!

寒い冬の留守番で気をつけたいのはこんなこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の時期に家に猫を留守番させる時、どんな点に気をつけたらいいのでしょうか? 特に寒さ対策は気になるところ。アイデアをご紹介します。

こたつの電源はOFF! 脱水症状の危険から猫を守る。

猫を飼っている方の中でも、冬といえばこたつ派も少なくないと思いますが、気をつけたいのが留守番時。こたつの中であたたまる猫は、暑いと感じると自力で出てくるものですが、寝続けてしまう場合には脱水症状の危険があります。留守番時には、電源を切っておきましょう!

お手軽アイデア。サイドテーブルが、こたつ代わりに!

こたつの危険を避けるためにも、猫が中にこもれて、あたたかい場所をサイドテーブルを使って作ってみましょう。ラグの敷いてある床に小さなサイドテーブルを用意します。上からふわふわ素材の布をこたつのようにかぶせてください。1カ所、布をたくしあげて留めておくと猫出入りしやすい入り口の完成です! 猫ベッドを設置してもよいでしょう。

飼い主さんのニオイでリラックス。即席のベッドもおすすめ。

もこもこ、ふわふわとした素材の服を、おりたたんで猫のベッド代わりにするアイデアも。留守番時でも飼い主さんのニオイを感じられて、猫もリラックスできますよ。寒さ対策もこれで万全。安心して出かけられますね!


出典/「ねこのきもち」11月号『私と猫の冬ごもり計画』
文/阿部康子

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る