1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 室内でも大満足!愛猫と「じゃらし」で遊ぶときの3つの鉄則とは?

室内でも大満足!愛猫と「じゃらし」で遊ぶときの3つの鉄則とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 数種類のじゃらしを使いまわす

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

室内で猫と遊ぶ時の定番といえば、「じゃらし」ですよね。本来は狩猟動物である猫の本能を満たすためには、最適なおもちゃと言われています。しかし、じゃらしで愛猫を本当に満足させるには、ちょっとしたテクニックが必要なんです。今回は、じゃらしマスターになるための、3つの鉄則をご紹介します。

1つ目は、じゃらしは数種類用意しておくこと。いつも同じじゃらしを使いまわしていると、いくら猫がじゃらし好きだからといっても、さすがに飽きてしまいます。常に複数のじゃらしを使ってあげることで、じゃらしに飽きてしまわないように工夫しましょう。

じゃらしには、ヘビのようにニョロニョロした形や、ネズミのようにコロコロした形など、いろいろな種類があります。当然、猫にも好みがありますが、2〜3種類のじゃらしを常備しておき、変化をつけながら遊んであげるようにしましょう。

2. 時々捕まえてあげさせる

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

2つ目は、ときどきは捕まえさせてあげることです。じゃらしを使って遊んであげていると、猫が飛んだり跳ねたりする様子がかわいくて、ついつい捕まえさせることを忘れてしまいがちでしょう。しかし、時には捕まえさせてあげることが必要です。

先祖代々、狩猟動物な猫ですが、獲物との距離が縮まって確実に捉えることができる射程圏内にいる瞬間が、緊張と興奮のピークの瞬間です。そして、獲物を捕らえたその瞬間に緊張感から解放されて、快感を得ると言われています。

じゃらしでいうと、緊張と興奮の瞬間が、じゃらしで焦らしているときであり、快感を得る瞬間はじゃらしを捕まえた瞬間です。じらしを続けていると、緊張と興奮の状態が継続し続けてしまうため、時には捕まえさせてあげることが必要になるのです。捕まえることができないままでいると、かえってストレスを溜め込む結果となってしまいます。

3. 遊び終えた後は毎回ちゃんと片付ける

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

最後は、じゃらしで遊んだあとは、毎回ちゃんと片付けてあげること。猫がいつも見える位置に置いてあると、じゃらしに対する新鮮味がなくなってしまうためです。新鮮味がないと、いざじゃらしで遊ばそうとしても、反応してくれなかったりすることもあります。そのため、普段は、猫からは見えない位置にしまっておくようにしてください。

じゃらしは、人間からすると単なるおもちゃですが、猫からすると、本能を満たすための大切なアイテムです。単調な遊びに飽きてしまうのは、猫も人間も同じですよね。平凡な日常でも楽しみを感じてもらえるように、工夫しながらじゃらし遊びをしてあげましょう。

出典/「ねこのきもち」2016年3月号『じらしじゃらしマスターへの道』(監修:猫カメラマン 石原さくらさん)
文/kuroko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る