1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 皮膚炎、中毒を起こす恐れも…猫に与えてはいけない果物4つ

皮膚炎、中毒を起こす恐れも…猫に与えてはいけない果物4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2匹の猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

愛猫に「果物を食べさせたい」と思うこともあるかと思います。でも、人が食べて大丈夫なものでも、猫にとっては危険なものも!

今回は、「猫に与えると危険な果物」を4つ紹介します。どのように悪影響なのか、しっかり押さえてくださいね。

パパイヤ・マンゴー→アレルゲンになりやすいので注意!

パパイヤやマンゴーは、人でもアレルギーを起こしやすい果物。猫が口にした場合も、口内や唇にかゆみや炎症を起こす可能性があるので、与えないほうがいいでしょう。

いちじく→皮膚炎、中毒、嘔吐の可能性も…

いちじくの皮や葉、果肉には中毒を起こす成分が含まれています。食べると口の中が炎症を起こしたり、嘔吐することも……。絶対に与えないでください!

ぶどう→腎臓の病気の原因となる可能性が

ぶどうは、犬が食べ過ぎて腎臓の病気にかかった例が報告されています。猫への安全性も確かめられておらず、有害の可能性もあるので与えないほうが無難でしょう。干しブドウも同様です。

見つめる猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

以上の4つの果物は、猫に与えないほうがいいでしょう。人が食べているときに「ちょうだい」とおねだりしてくるコもいるかもしれませんが、ぐっと我慢!

アレルギー症状や中毒を起こす危険性があるということを、覚えておいてくださいね。

出典/「ねこのきもち」2016年3月号『まんぞくさんも大満足♥ 猫に与えてOK? NG? 食べ物図鑑』
文/Honoka
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る