1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. もしかして遠慮しているの?猫の遠慮がちな行動の「理由」を解説!

もしかして遠慮しているの?猫の遠慮がちな行動の「理由」を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「猫にも遠慮の気持ちってあるの?」という素朴な疑問にクローズアップ!普段の生活で見かける、遠慮に取れる愛猫の行動とその理由や、「飼い主はこう考えてるけど、本当のところはどう思っているの?」といった疑問など、普段の生活で遠慮に見える行動について解説します。

子猫に優しく接するのは遠慮なの?

子猫のすずちゃんに優しいりきくん♪
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

まだ何もわからない子猫が成猫に無邪気にじゃれたりするときに、成猫が優しくパンチする場面があります。もしくは成猫がご飯を食べているとき、子猫がやってきてご飯を横取りしようとすると、成猫が食べるのをやめて子猫に譲るような行動をとることもあります。

これらは子猫が自分よりも弱くて小さく「自分を脅かす存在ではない」とわかっているからこその行動。いわゆる大人の余裕からくる対応であり、遠慮に近い行動のようです。

飼い主さん以外の人におとなしくしているのは遠慮なの?

好きな場所に隠れるロシちゃん♪
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

いつもは悠々自適に過ごしているのに、来客時におとなしくなったり、隠れたりすることがあります。こういうときの猫は、遠慮をしているというよりは、知らない人が来たことで緊張したり、恐怖を感じたりしているのかもしれません。

そのため普段通りには行動できなくなり、落ち着く場所に隠れておとなしくなるようです。また動物病院などでも、いつもとは違って固まるようなケースがあると思いますが、これも同様な理由だと考えられます。

飼い主さんの具合が悪いとき、おとなしいのは遠慮なの?

パパのお布団でかくれんぼのアンちゃん♪
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

普段はいたずらや「かまってほしい」アピールが多い猫でも、飼い主さんの体調が悪くてベッドにずっと寝ていたり、いつもと違う行動をとったりしていると、アピールが控えめになることはありませんか?

こんなとき猫は、いつもと違う飼い主さんの様子に「なんか変だぞ」と不安になります。おとなしくしているのは遠慮や気遣いからではなく、いつもより警戒して様子を伺っているからでしょう。

怒って噛むときでも、あまり痛くないのは遠慮なの?

撫でられて嬉しいとら次郎くん♪
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

たとえば飼い主さんが撫でているとき、撫でられるのが嫌で「カプッ」と噛む子がいます。本気で噛むのではなく、「やめてよ」という意思表示のごとく優しく噛む様子に、「これは遠慮しているからなの?」と感じることもあるでしょう。

この行動は遠慮というよりも、飼い主さんとのいつものやり取りの中で、「これくらい噛めば、きっとやめてくれるかも」と学習していることが理由だと考えられます。もしかしたら、過去に強く噛んだ時の飼い主さんの反応に、ビックリした経験があるからかもしれません。

飼い主さんが暇になるまで待っているのは遠慮?

おもちゃを待つちはるくん♪
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫が甘えたいときに飼い主さんが忙しいと、視界に入る位置でその様子を見ながら待つことがあります。この行動は、これまでの経験から「忙しい時はアピールしてもかまってもらえない」、もしくは「見つめるだけでかまってもらえる」と思っている可能性があります。猫からすると、少し遠慮している行動なのかもしれません。

猫は確かに遠慮のような行動をとることがあるようです。ですが、それは人のように「相手の気持ちを考えて」という遠慮ではなく、緊張や不安を考えて「自分の身を守るために」警戒してする場合が多いと言われています。

しかし、時に一緒に暮らしていると「もしかしたら私を思いやってのことかもしれない!」と思えることもたくさんありますよね。愛猫の気持ちを想像して観察してみると、より愛らしい感情が芽生えてくることでしょう。

参考/「ねこのきもち」2016年5月号『猫も遠慮、するのかな?』(監修:帝京科学大学助教 動物看護士 小野寺温先生)
文/Un
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る