1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫風邪から愛猫を守ろう!免疫力を高めるためのポイントを紹介

猫と暮らす

UP DATE

猫風邪から愛猫を守ろう!免疫力を高めるためのポイントを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外気の変化が大きい春先は、猫にとってさまざまな病気にかかりやすい季節でもあります。

今回は、そんな春先にかかりやすい病気のなかでもとくに身近なものである『猫風邪』を取り上げ、その予防と対策にとって重要な、免疫力を高めるためのポイントについてご紹介します。

猫風邪ってどんな病気?

スコティッシュフォールドのキキちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫風邪は、カリシウイルスやヘルペスウイルスなどのウイルスに感染して起こるもので、冬から春への変わり目といったときにかかりやすい感染症のひとつ。人のそれと同じように、発熱や鼻水などといった症状が出たり、結膜炎や口内炎を引き起こしたりすることもあり、重症化すると死に至る場合もあります。

免疫力を高めることが重要なのはなぜ?

猫風邪のような感染症は、鼻やのどの粘膜からウイルスや細菌が侵入することで引き起こされる病気です。感染症にかかると粘膜に炎症が起き、さまざまな症状が現れるため、粘膜のバリア機能を強くしてあげる必要がありますが、そのために有効なのが免疫力を高めることなのです。

まずはワクチン接種をしっかりと!

ペルシャのチェリーくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫風邪は一度かかると再発しやすい感染症ではありますが、予防のためのワクチンもあります。ワクチン接種により抗体を作ることで重症化を防ぐことができるため、定期的に接種するとともに、体力を落とさないように気をつけてあげましょう。

フードは「総合栄養食」を与えよう!

MIXのみるくちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

粘膜を強くするには、亜鉛や各種ビタミンなどの免疫力を高めたり粘膜の機能維持に効果的な栄養素をしっかりととるのがよいとされています。しかし、食事が偏ると別のトラブルを起こす恐れもあるため、毎日与えるフードには栄養バランスが整った「総合栄養食」を選ぶようにしましょう。

ストレスフリーな環境を作ろう!

スコティッシュフォールドのメロンちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「ストレスは万病のもと」ともいわれます。免疫力を維持するためにも、愛猫にはなるべくストレスがかからない環境で過ごさせてあげなければなりません。
例えば、トイレはいつも清潔に、気温や湿度は一定に保つなど、猫にとって快適な環境を用意してあげましょう。なお、猫が快適な室温は26~28℃、湿度は50~60%が良いとされていますが、加湿器を利用すると粘膜が乾くのを防ぐこともでき、猫風邪の予防に役立ちますよ。

適度な運動は一石二鳥♪

MIXのしちみちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

1日に数分でもよいので、毎日遊んであげましょう。人にとっても運動が大切であるように、猫にとっても適度に運動することは免疫力を高めるために必要なことなのです。大好きな飼い主さんと一緒に遊ぶことは、愛猫のストレス発散にもなりますよ。

愛猫の健康を守れるのは飼い主さんだけです。ここでご紹介したポイントを参考に、猫風邪にも負けない体を作ってあげましょう!

参考/「ねこのきもち」2017年3月号『猫にも花粉症が!?春はとくに気を付けたい粘膜に症状が現れる病気』(監修:王子ペットクリニック院長 重本仁先生)
文/mieux
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る