1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 椅子で爪とぎするとき…猫はこう思っている? 【しまねこぐぐの猫の本音事典】 その13

猫と暮らす

UP DATE

椅子で爪とぎするとき…猫はこう思っている? 【しまねこぐぐの猫の本音事典】 その13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椅子で爪をとがないで〜!と言っても、やめてはくれない。

我が家は柱に猫用爪とぎをくくりつけているのですが、ぐぐは旦那の椅子の背もたれで爪をとぐのも好きなようです。おかげで椅子はボロボロ。ぐぐ自身もとぎにくいのか、よく爪を引っ掛けては取れなくなっています…。「そこまでして、どうして…」と思ってしまうのですが、どうやら猫ちゃんにとって爪とぎはいわゆる「習性」の他にも、また違う「本音」があるようで…。

椅子で爪とぎするときの猫ちゃんの本音とは!?ねこのきもち「ねこの本音事典」でその行動の本音をのぞいてみましょう!

椅子で爪とぎするときの猫ちゃんの本音とは!?

椅子で爪研ぎするときの猫ちゃんの本音はズバリ!
「縄張りを主張してマーキングしている」です!


【ねこのきもち「ねこの本音事典」より抜粋】
猫にとって、爪とぎは大切な体のメンテナンス。狩りで獲物を捕らえるためには、前足の爪をとぐことで古い爪をはがし、常に尖らせておかなくてはならなかったのです。そのほかに、爪の跡を残して縄張りを主張するマーキングの場合や、うれしくて行う、喜びの表現もあります。また、遊ぶ前や寝起きにやることもありますが、これは活動前の景気漬けの意味も。


なるほど、猫の爪とぎには色々な「猫の本音」があったのですね!旦那の椅子はぐぐのお気に入りの場所でもあるので、縄張りを主張しているのも納得です。ぐぐの場合は、たまに爪が引っかかったまま寝ていたりもするので…「景気漬け」感は薄いのですが(笑)。今度ぐぐが爪とぎをしている時には「今はどんな気持ちなのかな?」と観察してみたいと思います。

引っかかっていても、納まりの良さそうな?顔をしているので、たまに「わざとなのかな…?」と思ったりもします。もちろん、ちゃんと取ってあげますよ。

プロフィール

なつ海

東京都在住のデザイナー。
漫画創作ユニット「Mt. Navy」にてコミティア等のイベントに参加し、漫画作品や自作の写真集等を発表している。

しまねこぐぐのインスタグラムアカウントはこちら

しまねこぐぐ|Instagram

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る