1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. タバコの煙は猫に危険! 猫の「受動喫煙」「三次喫煙」のリスク

猫と暮らす

UP DATE

タバコの煙は猫に危険! 猫の「受動喫煙」「三次喫煙」のリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の飼い主さんで、タバコを吸っているいる飼い主さんはいますでしょうか?猫のいない部屋で吸っていたとしても、猫への影響は避けられないことを知っていますか?

今回は、猫の「受動喫煙」や「三次喫煙」のリスクについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫がいる部屋でタバコを吸うリスク

見上げる猫
getty

主流煙とは、喫煙者が吸い込む煙のことで、副流煙とはタバコの先から出る煙のことを言います。また、受動喫煙とは室内またはこれに準ずる環境において、他人のタバコの煙を吸わされることを言います。

厚生労働省によると、副流煙に含まれる有害物質は主流煙よりもニコチンは2.8倍、タールは3.4倍、一酸化炭素は4.7倍多く含まれ、また発がん性のある化学物質であるベンゾピレン、ニトロソアミンなども含まれています。

副流煙を吸った猫は悪性リンパ腫のリスクが上昇との報告も

飼い主さんに撫でてもらう猫
getty

人において、受動喫煙による肺がんと虚血性心疾患の死亡数は年間約6,800人と言われています。猫では悪性リンパ腫のリスクが上昇することが報告されています。

タバコの煙は有害物質の粒子が含まれるため重いので、空間の下にたまります。つまり、喫煙者がいるご家庭の猫たちは、有害物質の暴露の多い場所で生活せざるをえないのです。

猫も「三次喫煙」の影響を受ける

くつろぐ猫
getty

また、「三次喫煙」という言葉をご存知でしょうか。これはタバコの煙の成分が衣服や壁、カーテン、絨毯などに付着して、その残留物が再び直接・間接的に被害をもたらすというもの。

つまり、飼い主さんが猫とは別の場所でタバコを吸っていたとしても、猫は有害物質が付着した衣服で抱っこされたり、物質が付着した部分をなめたりすることで有害物質を口にしてしまうのです。

愛猫の健康のために禁煙を考えて

このように、受動喫煙、そして三次喫煙まで考えると、たとえ空間分煙をしたり、空気清浄機などを設置したとしてもタバコの害は決して無視できるものではないでしょう。

これを機に、愛猫のことを考えて禁煙されることをおすすめします。


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る