1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 豆知識
  5. ケガをさせてしまう恐れも…猫にしてはいけない「危ない抱っこ」とは

猫と暮らす

UP DATE

ケガをさせてしまう恐れも…猫にしてはいけない「危ない抱っこ」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫を抱っこする時間は、飼い主さんにとって癒しを感じる時間でもありますよね。でも、間違った抱っこの仕方をすると、飼い主さんだけでなく愛猫を危険な目に遭わせてしまうことも…。

この記事では、猫が「安心できる抱っこ」「危険な抱っこ」について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します!

猫が安心できる抱っことは?

抱っこされる三毛猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫が安心できる抱っこの仕方について教えてください。

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「抱っこを非常に嫌がる猫もいるので、まずは猫が抱っこさせてくれるか確認しましょう。もし抱っこをしても大丈夫そうであれば、自分の体と腕で猫の体全体を包むように抱いてあげてください。

ポイントは、片手でおしりと後ろ足を包み込むようにして支えてあげながら、その手の平から手首、腕の内側に猫が座っているように抱きかかえること。もう片方の手では、猫の脇腹あたりをさらに包み込んで支えてあげるといいですね」

ーー包んであげるように抱くのですね!

獣医師:
「そうですね。飼い主さんと猫の体に隙間ができてしまうと、宙に浮いたような感覚で不安な気持ちになってしまうコもいます。しっかりと抱き寄せると、より安心感が生まれると思いますよ」

こんな抱っこは危険!

抱っこされるキジトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫を抱っこする際に、注意したいことはありますか?

獣医師:
嫌がる猫を無理矢理抱っこすることはやめましょう。もし猫が降りたがるようであれば、降ろしてあげてください。

無理矢理抱っこを続けようとすると、噛まれたり引っかかれることがあるほか、猫が落下して捻挫などをしてしまう恐れもあり危険です」

ーー抱っこの練習をしようと思っても、無理やり続けてしまうのはよくないのですね。

獣医師:
「あとは、猫が突然飛び降りても安全なように、なるべく低い位置で抱っこするように意識するのもいいと思います」

抱っこされるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

早く抱っこに慣れさせたいと思う気持ちもあるかもしれませんが、無理強いはよくありません。愛猫が嫌がっていないかどうかをよく見ながら、安心できる抱っこの仕方をしてみてくださいね。


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る