1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. その他
  4. 熱中症[ねっちゅうしょう]

その他

UP DATE

熱中症[ねっちゅうしょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症の症状と治療、予防方法

解説

体温が上手に調節できなくなり、熱が下がらなくなる病気。呼吸が荒く、速くなり、苦しそうにあえぐようになる。そのまま放置すると死に至ることもあるので、症状が出たら速やかに涼しい場所に移動して、体を水や氷枕で冷やす。暑い季節にキャリーなど狭い場所に閉じこめられたりするとストレスがかかり、熱中症になりやすくなるので注意が必要。

原因

夏場に車内や室内に放置したり、ドライヤーの熱風、過剰な運動、肥満などが」原因となり起こすことが多い。

症状

よだれを垂らしたり、開口呼吸が認められる。ぐったりとして、ふらついたり、重症の場合には痙攣を起こし、死亡することもある。

診断

猫が気温の高い環境にいて、流涎、嘔吐、下痢、呼吸速迫、体温上昇などの症状を示していれば熱中症を疑います。

熱中症の治療

症状が出たら速やかに涼しい場所に移動して、体を水や氷枕で冷やし、病院へ直行するようにしましょう。病院では、冷却、点滴、猫の血液性状に合わせた治療を行います。

熱中症の予防

老齢、幼猫は、体温調節機能がしっかり働かなかったり、短頭種や肥満傾向のある猫では熱が体内にこもりやすく熱中症のリスクが高まります。これらの猫の暑い時期の温度管理にはとくに気を付けましょう。

CATEGORY   その他

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「その他」の新着記事