1. トップ
  2. 猫が好き
  3. しぐさ
  4. イカ耳
  5. 「イカ耳」「伏せ目」は要注意!猫が嫌がっているときに見せるしぐさ4つ

猫が好き

UP DATE

「イカ耳」「伏せ目」は要注意!猫が嫌がっているときに見せるしぐさ4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫とコミュニケーションしたいのに、触ろうとすると嫌がられることがありませんか? こちらから歩み寄ったときに拒否されると、寂しい気持ちになりますよね……。猫が恐怖や不安、怒りを感じているサインを見逃さないために、嫌がるときに見せるしぐさを4つ紹介します。

1.「怖い」と感じているしぐさ

ティッシュで遊ぶ猫(MIX、オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は恐怖を感じているとき、防御する気持ちが高まって顔の位置を引き気味にします。そして顔のパーツ全体に力が入り、顔を小さく見せるために耳を伏せたり、ヒゲを後ろに反らして頬にピッタリとくっつけたりするのです。
そのほかの顔の変化では、目を伏せ気味にして瞳孔が開くことも。口元は、グッと力が入ります

2.「怒り」を感じているしぐさ

威嚇する猫(MIX、メス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は怖い気持ちが高まると、怒りや拒否の気持ちから威嚇や攻撃をはじめます。気持ちの強さに比例して、耳をこれ以上回らないほど後ろ向きに反らせたり、犬歯という牙を見せながら「シャー」という声を発したりします。
この後ろにそった耳は"イカ耳"と呼ばれ、目にしたことがある人も多いはず。そのときの表情は、目を見開いて黒目がちになり、ヒゲは力が入るので前を向いて広がっているでしょう。

3.「ビクビク」するしぐさ

怖がる猫(MIX、メス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は食事のときに舌で口周りをペロペロ舐めますが、それ以外のときに舌なめずりをしたり、鼻を舐めたりするのは、不安や葛藤を抱えている気持ちが表れている可能性が。何らかのものや出来事に緊張を感じて、自らを落ち着かせようとしているのでしょう。

この鼻を舐めるしぐさは、「逆転行動」の一つと考えられています。

4.「降参」するしぐさ

目をそらす猫(ロシアンブルー、オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

野性の猫にとって、相手をじっと見ることは敵意を表します。だからケンカにならないよう、ほかの猫と滅多に目を合わせません。
この習性は飼い猫にも残っていて、自分の立場が弱いときや、逆らう気がないときは目をそらそうとするのです。

猫は自分の気持ちを素直にあらわします。恐怖や不安を抱えている様子がみられたら、無理にかまおうとせず、その原因がどこにあるのかを考え、できるだけ取り除いてあげられるようにしましょう。もし、いつもと違う様子が見られたら、念のため獣医師に相談するとよいかもしれません。

参考/「ねこのきもち」2020年12月号『見るだけで「表情」を早読み!うちのコは今イイ気分?ワルイ気分?』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺温先生)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る