1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 愛猫の姿にウルッとした経験 飼い主さんが感動したエピソードとは?

愛猫の姿にウルッとした経験 飼い主さんが感動したエピソードとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仲良しの2匹の猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

愛猫が懸命に生きようとする姿や、自分を癒してくれる姿を見て、思わずウルウルしてしまった経験はありませんか?

ねこのきもち編集室では、166名の飼い主さんたちに「愛猫を見てウルッと泣きそうになったエピソード」についてアンケートを実施してみることに!

集まった回答の中から、その一部を紹介します。

必死に生きようとする保護猫に……

見つめる保護猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

保護猫を家に迎え入れた飼い主さんからは、懸命に生きようとする猫の姿にウルッとしたとの声が寄せられました。

・「保護猫を引き取った初日に、母乳を飲むしぐさで内出血するほど首にすいつかれたとき」

・「愛猫が野良猫だったころ、私について離れなかった」

・「愛猫を拾ったばかりのころ、ひとりになると必死に鳴きながら私のことを探していた」

・「愛猫は保護されたコたち。何かの折に触れ、うちに来てくれて良かったと思うたびにウルッとしてしまいます。おいしそうにゴハンやおやつを食べてたり、無防備に寝てる姿を見るとなど」

自分のことを励ましてくれる姿に……

眠る猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

また、体調や気分が落ち込んでいるときに、愛猫に励まされてグッときたという飼い主さんもたくさんいました!

・「なんとなく、ひとりでさみしい気持ちで帰宅したとき、いつもと変わらず『おかえりにゃー』と出迎えてくれたとき」

・「体調が悪いときに、横にずっと寄り添ってくれていたとき」

・「丸一日家を空けて帰ってきたとき、ふだんは甘えない猫が、見たことないくらいゴロンゴロンして甘えてきたとき」

・「落ち込んでいたり、喧嘩したり、私が元気なくなると心配そうに近づいてきて、スリスリしてくれた」

・「いつもは無理やり膝に乗せるとすぐいなくなってしまうのですが、私が落ち込んでるときはゴロゴロいいながらずっと膝に乗っててくれる」

・「愛猫を連れて来たのが小さすぎて、私が育児ノイローゼになりそうだったとき『連れて来なければ……』と一瞬思ってしまい。そんな自分の気持ちを知らずに、あどけなく見上げて来たときに……」


また、回答の中にはこんな声も。先代猫の姿を重ね合わせて、思わず涙が出そうになったようです。

・「亡くなった前のコのすぐ後に来たコでしたが、まったく同じクセを持っていて、私のことをじーっと見つめて来たとき」

眠る2匹の猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

たとえ言葉は通じなくても、必死に生きようとする姿や、自分のことを励ましてくれる愛猫の姿に感動したという飼い主さんたち。

心が通った「家族」との間には、言葉は必要ないのかもしれませんね。

『ねこのきもちアンケート vol.15』
文/二宮ねこむ
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る