1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 絵本になったロンドンの教会猫。みんなに愛されるアイドルの意外なストーリー

絵本になったロンドンの教会猫。みんなに愛されるアイドルの意外なストーリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリスの首都ロンドンを流れるテムズ川ほとりにある、サザーク大聖堂。ここは、その歴史と大きく美しい建物でよく知られています。

サザーク大聖堂

一見荘厳で敷居の高そうなこちらの教会、実は看板猫がいるというのです!

ダーキンス・マニフィキャット
@DoorkinsM

こちらが、サザーク大聖堂のアイドル、猫のダーキンス・マニフィキャット。英語で書くと「Doorkins Magnificat」といって、聖歌の一種である「Magnificat(マニフィカト)」と「Cat(キャット)」をかけています。

しま模様がかわいいメスのダーキンス。大聖堂のホームページによると、もともと野良猫で、2008年のクリスマスのころに教会に現れるようになったそうです。日々ゴハンをもらううちに、この教会に住みついたといいます。

寝転ぶダーキンス
@DoorkinsM

その後、彼女は教会のスタッフのみならず、礼拝や観光で訪れる人々の人気者となり、なんと現在の英国女王・エリザベスⅡ世に会ったこともあるんだとか!

そして2017年には、彼女が主人公の絵本が出版されたのです。

教会猫の絵本
@DoorkinsM

絵本の表紙がこちら。この絵本は教会内の売店で販売されてます。

その内容は、彼女が教会に住み始めてからの暮らしぶりと、彼女をガイドにした教会内部のツアー。

教会では子ども向けに絵本の読み聞かせ会がおこなわれていたり、絵葉書やしおり、そしてぬいぐるみのキーホルダーまでグッズ展開されるほどの人気ぶり!

教会のグッズ

もとはストリートキャットだったダーキンス。今では教会の顔として、聖歌隊のイベント告知などもおこなっています。

残念ながら、記者が教会に行ったときにはダーキンスに会うことができませんでしたが、彼女は大聖堂のまわりを自由にウロウロしているので、運がいいとばったり遭遇できるといいます。

教会のホームページによると、ダーキンスは礼拝中に暖房機のそばでストレッチをしたり、干し草の上で昼寝をするのが好きなんだとか。

ロンドンにお越しの際は、教会を見学しながら、猫を探してみるのもいいかも?!

参照/Twitter(@DoorkinsM
サザーク大聖堂ホームページ
https://cathedral.southwark.anglican.org/visiting/doorkins-magnificat/
取材・文/原田真帆

猫が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る