1. トップ
  2. 猫が好き
  3. キジトラの名前の由来って? キジトラにまつわる猫トリビア3選

猫が好き

UP DATE

キジトラの名前の由来って? キジトラにまつわる猫トリビア3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

茶色ベースに黒いしま模様がかわいらしいキジトラ。今回は、そんなキジトラにまつわるトリビアを3つご紹介します!中にはキジトラの名前の由来など、意外なものも……。トリビアを知ることで、キジトラへの愛がますます深まるかもしれません♡

トリビア① キジトラの本名は「マッカレルタビー」

かわいいキジトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「キジトラ」という名前は、日本で付けられた呼び方です。鳥のキジに色・柄が似ていることから、このような名前になったそう。では、キジトラの本名は何というのでしょう?それは「ブラウン・マッカレルタビー」、もしくは「ブラック・マッカレルタビー」。魚のサバ(mackerel)に模様が似ているため、専門的にはそう呼ばれています。

ちなみに茶トラは「レッド・マッカレルタビー」、サバトラは「シルバー・マッカレルタビー」というそうですよ!

トリビア② キジトラの数はとても多い!

眠そうなキジトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

キジトラは、日本の猫の中でも特に多い毛柄。なんと「ねこのきもち」読者が飼っている猫のうち、約20%がキジトラという多さなのです。つまり読者の約5人に1人はキジトラを飼っているということ!これは全毛柄の中でもっとも多い数でした。言われてみれば、確かに周りでもキジトラを飼っている人が多いような気がします!

※「ねこのきもち」2016年6月号別冊『ねこのきもちセレクション KEGARA図鑑』掲載時のデータ。

トリビア③ 飼い猫の祖先にもっとも近い!

見つめてくるキジトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

キジトラは、飼い猫の祖先「リビアヤマネコ」ともっとも近いとされる毛柄です。リビアヤマネコは現在も中近東などに生息しており、「すべての飼い猫の起源」といわれています。キジトラはそのリビアヤマネコにもっとも近く、毛柄をつくる遺伝子の構成がほぼ同じなのだとか!確かに両者の共通点は、茶色い毛色と黒いしま模様。もしかすると見分けがつかないくらい……かもしれませんね。

ちなみにキジトラは、一般的に慎重で警戒心が強い性格といわれています。このことから、野生のリビアヤマネコと性質も似ていることが考えられます。

キジトラにまつわるトリビアを3つご紹介してきました。キジトラの本名の由来が「魚のサバ」から来ているなんて、知りませんでした!トリビアを知ることで、キジトラに関する知識が深まった気がしますね。みなさんも「なるほど!」と思えたものがあったら、周りの方にも教えてあげてはいかがでしょうか?

参考/「ねこのきもち」2016年6月号別冊『ねこのきもちセレクション KEGARA図鑑』
文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る