1. トップ
  2. 猫が好き
  3. この子はちょっと特別?片倉家のキング・金太のこと。~担当編集が選ぶ『ペン太のこと』至極の1話 vol.11

猫が好き

UP DATE

この子はちょっと特別?片倉家のキング・金太のこと。~担当編集が選ぶ『ペン太のこと』至極の1話 vol.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、唯我独尊な金太と片倉さんの絆に迫るエピソードをご紹介。

再び登場!片倉家の問題児(猫)改め、キング 「金太」↓


『ペン太のこと』担当編集S岡です。

我が家には2匹の猫ズがいますが、どちらにも等しく愛情を注いでおります。
ただ、特別視をしてるつもりはないのですが、上の子は人生で初めて家族になった猫ゆえ、思い入れは強いかもしれません(けして下の子に思い入れが無いというわけではないです!)

さて、今回はあくまで私見ですが、片倉家猫ズの中でも、金太は片倉さんにとって特別な存在なのかもしれないなぁと感じた話「おなじだけ」「まっすぐな子」「いつまでも」を一挙に紹介しちゃいます。



おなじだけ


まっすぐな子


いつまでも

片倉家で打ち合わせをしていると、金太もよく遊びにやってきます。驚かされるのが片倉さんへの甘えぶり。人間のように正面向きでの抱っこをせがみ、抱っこされるとキスの嵐。「お父ちゃん大好き!」アピールが半端ないのです。片倉さんは少し迷惑そうでしたが…。そんな片倉さんが、ある時ポツリと「金太と別れる日が来たら、自分がどうなるかわかりません。本当にやばいかも」と言っていたのが忘れられません。過去に猫との別れを何度か経験している片倉さん。それでも金太の時はどうなるかわからないという言葉が、とても心に刺さりました。他人には推し量れない二人だけの濃密な絆があるのだと思います。

次回は、猫飼いの特権「お腹へのモフモフ」に関する至極の一話です。どうぞお楽しみに!

絵本『ねこがくれた5571日』(著・片倉真二)は
2月22日発売!
主役は『ペン太のこと』でもおなじみのはむやんです。

©片倉真二/講談社

『ムギのころ』が読める「コミックDAYS」はこちら

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る