1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 人懐っこい猫が多い? 魅力的な毛柄アグーティについて

猫が好き

UP DATE

人懐っこい猫が多い? 魅力的な毛柄アグーティについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アグーティという名前の毛柄を知っていますか? アグーティといえば、アビシニアンに代表される毛柄です。今回は、トラ柄より繊細なしま模様をもち、高貴な印象を与える輝きを放つ、アグーティの毛柄について解説します。

毛柄の特徴

外を見つめる猫(アビシニアン、オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

アグーティ柄の猫は、1本の毛の中に細かいしま模様を持っています。濃い色と淡い色のしま模様が入った毛で覆われているため、ハッキリしたしま模様があらわれるキジトラと比べ、細かいしま模様が全身に表れます。
アグーティに多い毛色は、セピア色っぽい「セーブル」、黒に近い茶系の「ルディ」、赤身が強い「レッド」で、お腹側の色が淡く、しっぽの先端が濃い色になる傾向があります。

光沢感の秘密

何かを見つめる猫(シンガプーラ、オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

では、なぜあの光沢感は出るのでしょう。それは、1本の毛に数種類の色が入っているからです。
アグーティ柄の猫の毛は、濃淡のしま模様があるだけでなく、その中に3~4色の色が入っています。そのため光が複雑に反射して、輝いて見えることがあるのです。
ほかの毛柄にはない不思議なニュアンスがでるのも、アグーティの毛柄の特徴といえます。

毛柄と肉球の色の関係

ふみふみしながら眠る猫(ソマリ、オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

肉球は、毛の明るさによって違いが出る傾向があります。そもそも肉球の色はメラニン色素の量と関係しているため、毛色×毛柄と対応する傾向にあるのです。
一般的に多い肉球の色は、ピンク、グレー、黒、ピンク×黒などのミックスの4種類ですが、暗い毛色の猫は肉球が黒やグレーになるといわれていて、アグーティの毛柄は黒い肉球になる傾向があるようです。

性格や遺伝的な特徴

猫タワーで遊ぶ2匹(アビシニアン、メス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

アグーティの毛柄になる代表的な猫種は、アビシニアン、ソマリ、シンガプーラです。これらの猫種は、総じて、比較的人懐っこい性格をしています。
アグーティ柄の猫がもつしま模様の遺伝子は、ほかの模様に比べて優勢的に働くため、毛柄は遺伝しやすいです。そのためアグーティの親から生まれた猫は、同じアグーティになる可能性が高いでしょう。

1本の毛に複数の色が入ることで、神秘的な光沢を放つアグーティ。知れば知るほど、その魅力の虜になってしまいそうですね。

参考/「ねこのきもち」特別編集『ねこのきもち セレクション KEGARA図鑑』
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る