1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 連載
  4. 哀愁たっぷり?! 焼き魚の香りでカリカリを食べるししまるの話 【渋ネコししまるさん】#58

猫が好き

UP DATE

哀愁たっぷり?! 焼き魚の香りでカリカリを食べるししまるの話 【渋ネコししまるさん】#58

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある日のお昼ごはん。
その日は冷凍の魚がメインでした。
最近の冷凍食品はすごいですね。ふっくらと美味しく焼きあがるので大好物です。

むろん、ししまるもこの匂いでそわそわし始めました。

焼き魚の香りでとろりとした目

そわまるになっていても、塩味の強い焼き魚をあげることはありません。
ですが、あまりにしつこくせがんでくるので、魚の断面にちょっとだけ触れて油を指に移した後、一度ティッシュで拭いてから舐めさせたりしてしまいます。

私の指をこそげとるかのように舐め終わると、ししまるは妻の方へ。
もらえるのか、もらえないのか、そんな迷いのあるししまるの表情を眺めるのは、ちょっとした楽しみであります。

「さあ、つぎはあなたの番ですよ」
箸でつままれた焼き魚の行方を目で追うししまる

我が家ではどちらかがししまるになにかをあげたときは、片方は我慢することにしているので、妻からは何もあげません。
ただ、とにかくしつこいので、何もついていない指を差し出して確認させています。
とりあえずエアー油を舐めてみるししまるの悲しいザリザリ音が聞こえます。

何もついていない指先を確認中

そしてまた、私の方へ戻ってきたししまる。
私がもう一度指をししまるに向けると、ししまるは残り香を必死に嗅ぎ尽くし、そのままご飯入れに直行。
お皿に残っていたカリカリを食べ始めるのでした。

表情でおねだり中

その姿はまるで、焼肉の匂いで白米を食べるかのような定番の貧乏エピソードのようです。
「そういえば自分も昔、隣の住人から焼肉のたれを分けてもらって白米にかけて食べていたなぁ」なんて思い出も蘇りました。

食べている途中、ししまるはチラチラとこちらへ視線を送ってきます。
目があったら最後、またもらえると勘違いしたししまるが、おねだりにやってくるのです。

「ししまるさん、ご飯はさっき食べたばかりじゃないか…」

そう思いながら、結局は猫用おやつをあげてしまう私なのでした。

登場人物の紹介

Taco(たこ)プロフィール

東京在住の漫画家・イラストレーター・キャラクタデザイナー。
「ちいさな猫を召喚できたなら」「3匹のちいさな猫を召喚できたなら」「ぷっちねこ。」(徳間書店)など、好評発売中。「ちいさな猫を召喚できたなら」は重版後、韓国版・インドネシア版も発売。今年は中国版が出版。
現在、Web上では不定期に新作漫画を更新中。詳しくは以下のSNSへ。
・Instagram
 Tacoのインスタ: @tacos_cat
 ししまるのインスタ: @emonemon
・Twitter@taco_emonemon

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る