1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 連載
  4. 夏の間、ししまるのしっぽが「ふでしっぽ」になる話 【渋ネコししまるさん】#57

猫が好き

UP DATE

夏の間、ししまるのしっぽが「ふでしっぽ」になる話 【渋ネコししまるさん】#57

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家では、夏になるとししまるのしっぽをサマーカットしています。
サマーカットされたしっぽはその見た目から、いつしか「ふでしっぽ」と呼ばれるようになりました。

去年の「ふでしっぽ」

この「ふでしっぽ」のきっかけは、去年受けた尿路結石症の手術(前回の記事参照)です。

手術後、おしっこは勢いよく出るようになった反面、トイレの壁で跳ね返ってしっぽが汚れるてしまうことが多発。
そんなわけで、体を舐めるのが苦手なししまるのために、蒸し暑い夏場だけでもしっぽの毛をカットすることにしたのでした。(トイレの後は、皮膚の状況を見て温タオルで拭いて、お手入れもしています)

最近のトイレ写真

そして先日、1年ぶりにししまるの毛刈りをしました。
じつは私、羊の毛刈りに憧れていたので、とても楽しみな瞬間でもあります笑。

必要な道具は、バリカンと箱です。
ええ、箱もです。箱はどう使うかと言いますと…

「ニャニャッ?」

ししまるをIN! 仰向けの姿で入ってもらいます。
毛刈りの途中で動くと大変危ないので、こうやって寝返りできないようにするのです。

箱ソムリエのししまるは、この細長い箱が気に入ったようで、バリカン中は終始リラックス。
その間に、まるで『えのき茸の石づき』のようにみっちりとした毛をどんどん刈り取っていきます。

「どうにでもして」と言わんばかりのリラックス
「んん?なんだこれ???」

ついでにおなか周りの毛も刈りました。

刈り終わり、「お仕事おつかれさまでした」と伝えても、ししまるはすっぽりと箱にはいったまま動きません。
よっぽど居心地が良かったのか、その後もごはんとトイレのとき以外はほとんど入りっぱなし。

そのため、この箱はその日のうちに壊れてしまいました。

毛刈りの後
夜中には、箱が決壊

今年の「ふでしっぽ」も、なかなかいい仕上がりです。
書道猫として活躍できそうなくらい立派です。

書道家の渋ネコししまる先生

子供の頃、「冷やし中華、始めました」とか「かき氷、始めました」などの貼り紙を見かけると、わくわくした思い出があります。

ししまるのふでしっぽは、これからも我が家の初夏の風物詩となるに違いないので、
「ふでしっぽ、始めました」
来年はこんな貼り紙でもしようかなと思うのでした。

登場人物の紹介

Taco(たこ)プロフィール

東京在住の漫画家・イラストレーター・キャラクタデザイナー。
「ちいさな猫を召喚できたなら」「3匹のちいさな猫を召喚できたなら」「ぷっちねこ。」(徳間書店)など、好評発売中。「ちいさな猫を召喚できたなら」は重版後、韓国版・インドネシア版も発売。今年は中国版が出版。
現在、Web上では不定期に新作漫画を更新中。詳しくは以下のSNSへ。
・Instagram
 Tacoのインスタ: @tacos_cat
 ししまるのインスタ: @emonemon
・Twitter@taco_emonemon

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る