1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 連載
  4. 交通事故にあった猫を拾いました
  5. 猫以上に動揺していたのは私だった…傷ついた猫を抱え頼った先とは!?【連載】交通事故にあった猫を拾いました#07

猫が好き

UP DATE

猫以上に動揺していたのは私だった…傷ついた猫を抱え頼った先とは!?【連載】交通事故にあった猫を拾いました#07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。3匹の猫と1頭の犬と暮らし、二児の母でもあるtamtamです。
個人で犬や猫の保護活動をしている私ですが、ある一匹の野良猫と出会ったことで
私の人生は大きく変わりました。このお話は、そんな野良猫と、家族のお話。


車にはねられた一匹の猫。
業者さんから回収されようとしていたその猫は、実はまだ生きて抵抗していて。
その現場を目撃した私の姉はとっさに声をかけ、動物病院へ連れて行ったものの、安楽死した方がいいとのこと。それを聞き、妹である私が猫を引き取りました。
その時の猫さんは呼吸は早く、口は少し開いたままでした…
そこで私が取った行動とは。

苦しそう…そうだ!お水をあげてみよう!

今思うとツッコミたくなる自分の行動。

猫にお水をあげてみることにした私…

顔面麻痺してるのに飲めるはずがないやないのぉぉ

いや、こんな状態で飲むはずないやん!!!!
顔全体が麻痺してるって言われたやないの。
判断力が低下しているよ、私ぃぃぃ。
しっかりしてぇぇぇ。

ふと、猫の様子を見てみると

そりゃぁね、いきなり無理矢理水飲まされたら
怒るのも当たり前やんってなるんですけどね。

意識も痛覚もない猫と獣医師の先生から言われた猫が、
こんなに激しく反応するものなんだろうか…
そして、私は覚悟を決め、ある場所へ連れて行きました。

この子は生きている!!!!

助かるか、助からないかじゃない。
今、生きている。
だから、そばに居る私が取るべき行動はただ一つ。

いざ、セカンドオピニオンーー!!

そうです。カッコつけといて、結局誰かを頼ることしかできないんすよ。
そういう奴なんでさぁ。自分って奴は…(口調どーした)
こうして、自分が勤めている動物病院にお願いして診てもらえることに。
スタッフさん全員がもの凄く優しく、泣きそうになりました。

いつか私も…誰か困っている人がいたら優しく声を掛けれるような
そんな、そんな人に、私はなりたい!!!(何の話)

情け無い奴め

かっこつけといて結局人任せかーい

登場人物・登場犬猫

ねこのきもちWEB MAGAZINE
ねこのきもちWEB MAGAZINE
ねこのきもちWEB MAGAZINE

tamtam プロフィール

犬や猫の保護や介護についての楽しさや幸せをインスタグラムで発信し話題に。それぞれのかわいさをほっこり描いたイラストにファンも多い

tamtam インスタグラム

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る